神楽坂のホテル「TRUNK(HOUSE)」が優れたデザインとコンセプトでアワード獲得

『Architectural Digest(アーキテクチュラル・ダイジェスト)』はアメリカの大手出版社であるコンデナスト社が発行する1920年創刊のデザイン誌。アメリカ以外でもヨーロッパ各国、中国、ロシア、南米などのエディションを展開し、世界的にも広く認知される。 東京神楽坂に佇むホテル「TRUNK…

累計来場者1千万人超で常設化!3万匹超の金魚が泳ぐ「生命の宿る美術館」

2007年以来、毎年各地で開催し累計来場者数1,000万人を超えた水族アートの展覧会「アートアクアリウム」。今年8月、常設展となる「アートアクアリウム美術館」がオープンする。 ■江戸の文化が花開いた街・日本橋に美術館オープン 延床面積は約2,321㎡で、従来の日本橋会場と比較すると約3倍の広さとなり…

【「ISSEY MIYAKE WATCH」から、自然が作り出す美しいカタチ六角形をモチーフにした「ROKU」登場

スタイリッシュなデザインの腕時計が登場。 セイコーウオッチによるISSEY MIYAKE WATCHプロジェクトに、ドイツ人デザイナー コンスタンティン・グルチッチ氏が参加し、2020年の新モデル「ROKU」が誕生。 「ROKU」は、六角と円の2つの形状を組み合わせることから発想したデザイン。六角は…

書店の名前を持つ「本」をテーマにしたホテルが福岡にオープン

アクティブな休日もいいけれど、涼しい室内で本と過ごす夏も味わいぶかい。 「本」を通じて人と場所がつながっていくホテルが、福岡にオープンした。 ■コンセプトは“Archive(アーカイブ)” ホテルの名称「BUNSHODO HOTEL」は、かつてこの地で営まれていた書店「文照堂」に由来している。”本”…

イメージは街に泊まる、「hotel Siro(ホテルシロ)」西池袋に誕生。

西池袋エリアに7月3日にオープンする「hotel Siro(ホテルシロ)」。コンセプト、デザインは周辺のホテルとは一線を画す「hotel Siro」の魅力をご紹介しよう。 ■「Shiro=白」という名が表すもの 2015年に「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」を策定し、持続発展都市を目指し新たな…

日本美を感じる夏の浴衣プランが「ホテル雅叙園東京」で開始

間もなく本格的な夏を迎える。 コロナ禍の影響もあって、「今年の夏休みは海外旅行はもちろん、遠出を控える」という人も多いと聞く。 しかし、季節を感じる日本ならでは夏の風物詩は楽しみたい。 『ホテル雅叙園東京』の浴衣の着付、食事がセットとなった、日本美を感じる夏 「浴衣プラン」が販売を開始したので紹介す…

A Rと香りで飛び出すフラワーギフトがネイキッドより販売開始

緊急事態宣言や東京アラートは解除されても、コロナ禍の影響で自由に外出がしづらい状況が続いている。 しかし、実感のあるコミュニケーションや心が動く瞬間は、まさにリアルなコミュニケーションが重要だ。 そこで、昨今3Dプロジェクションマッピングを用いたショーなどに代表される、テクノロジーとリアルを融合した…

インテリアに彩りを添える、美しい有田焼の時計「PISTA-S1/S2 ARITA」

日本が誇る工芸品の一つ、有田焼。その特徴を活かした美しい時計が登場した。 リズム時計は、インテリアに彩りを添える有田焼の時計「PISTA-S1/S2 ARITA」 を6月15日より発売する。 滑らかで美しい地肌に精緻なレリーフをほどこした有田焼の時計は、伝統技を活かしながらもモダンさを感じる逸品だ。…

ピアジェの「アルティプラノ」にパーソナライゼーションが可能なモデル登場

オリジナリティのあるものには特に愛着がわく。 ピアジェの革新的な薄型機械式時計「アルティプラノ」からパーソナライゼーションが可能な「アルティプラノ インフィニットリー パーソナル」が登場。 ■唯一無二のオリジナルウォッチ ピアジェのパーソナライゼーションサービスは1960年代にスタートした。 当時成…

『ジュラシック・ワールド』の世界観を楽しめるフィギュア商品が新登場

1993年に初公開され全世界で大ヒットを記録した映画『ジュラシック・パーク』シリーズの第4作作品、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。史上最多となる種類の恐竜たちが登場し、崩壊寸前の島を縦横無尽に暴れ回るため、スリリングな展開を楽しめると大ヒットした映画だ。 この映画の本編に登場する恐竜たちのフィ…

日本初のギャラリー展示!メキシコ蒸留酒の専門店がオープン!

「テキーラ」というと、映画やテレビドラマなどでかっこよく小さなグラスで一気に飲みほす姿を思い浮かべ、アルコール度の高い「強い酒」のイメージがある。だが、「テキーラ」にも数々の種類があり、極上のテキーラはまろやかで飲みやすく美味しい。つまり、日本ではまだまだ種類も消費量も少ないお酒だ。 そんな社会状況…

日本古来の「ふくさ」の機能と想いをスマートに持ち歩く。ミニマル財布「fu・ku・sa」

電子マネーで、従来の財布を持つ必要はなくなったが、まだまだ現金が必要な時もあるものだ。そんな時代にぴったりの財布が登場した。 日本古来「袱紗(ふくさ)」の発想のもとに生まれた、厚さ4mm、重さ20gのミニマル・ウォレット[fu・ku・sa]だ。   従来の「入れる」から、「包む」という袱紗…

【 森岡書店 × Golden Bear 】コラボ第2弾。大人のニットポロシャツを発売

おうち時間が増えた今、自宅での上質な時間を過ごすのに、こんなポロシャツはいかがだろうか。東京銀座で「一冊の本を売る本屋」森岡書店を経営する森岡督行さんとゴールデンベアがコラボをし、「大人のニットポロシャツ」を製作&発売。 森岡書店は、神田古書街で8 年間書店員として働いた経歴をもつ森岡督行氏が、立ち…