【2022年まとめ】東京の高級寿司店5選。1万円台で上質なコースが食べられる良店を紹介

東京で1万円台のコースがある寿司店を探している方は必見。今回は、新宿や銀座など都内からアクセスの良い5店を厳選して紹介する。

美味しい寿司は人を幸せにする。仕事帰りや接待、デートなどで利用し、一流の職人が握る高級寿司に舌鼓を打ってみては。

寿司と日本酒の極上ペアリングが楽しめる「鮨 あさひ」

初めに紹介するのは2021年10月、五反田にオープンした「鮨 あさひ」。店内はカウンター6席とテーブル(各4席)が6セット。木素材の壁や什器(じゅうき)で統一された上品な空間が広がる。

同店では、14,300円で全国各地の日本酒と寿司のペアリングが楽しめる「SAKEペアリング付あさひおまかせコース」を用意。料理ごとに最適な日本酒が提供され、お酒のストーリーを聞きながら呑むことができるコースだ。

同コースは、こだわりの寿司と「山田錦の酒米リゾット」などのつまみの全20品で構成。寿司とつまみを交互に提供する。

たとえば「北海道産ウニ食べ比べ」は、北海道産のムラサキウニとバフンウニの2つをシャリと共にそれぞれレンゲに乗せたもの。甘みのあるスッキリした味わいのムラサキウニには新潟産の粗塩をのせ、強い旨味を持つバフンウニにはコクのある炭塩をのせている。

北海道産ウニ食べ比べ

北海道産ウニ食べ比べ

マグロに切れ目を入れ、しっかりと醤油をしみこませた「漬けマグロ寿司」や、香ばしく焼き上げた穴子に、こってりとしたタレをあわせた「穴子寿司」など、江戸前の技が光る寿司が食べられる。

漬けマグロ寿司

漬けマグロ寿司

穴子寿司

穴子寿司

あわせて出される日本酒は「水芭蕉スパークリング 純米吟醸」や「日高見 弥助 純米吟醸 芳醇辛口」「獺祭 純米大吟醸 磨き45」など。

コースで提供される料理以外にも「蒸しアワビ」(2,800円)や「寿司屋の甘い玉子焼き」(850円)などアラカルトも豊富なので、日本酒を傾けながら気になるものをオーダーしてみては。

鮨 あさひ
所在地:東京都品川区東五反田1-11-8 大阪屋ビル1F
営業時間:日~火11:30~14:00・16:00~23:30、水~土11:30~14:00・16:00~翌04:00
※現在深夜営業は休止中
定休日:なし
コースメニュー:おまかせランチコース5,500円(ランチのみ提供)、あさひおまかせコース8,800円、SAKEペアリング付あさひおまかせコース14,300円
予約WEBサイト(公式):https://sushi-asahi.com/

現代アートと融合した上質空間で食す「すし玲」

青山・骨董通りに店を構える「すし玲」は、「寿司と文化を世界に」をテーマに、日本の伝統食である寿司と日本酒、そして作家が作る現代アートと器を融合させた寿司店だ。

同店が扱うグラスや器やテーブルウエア・現代アートは、すべて若手クリエイター達による作品。現代アートや工芸品に囲まれた上質な雰囲気の店内で、ゆったりと寿司を味わえるのが同店ならではの魅力といえる。

「おまかせコース」は、旬の野菜や魚介の先付け、蒸し物、焼き物など8~10品に加え、握り10貫・いなり1貫に椀物という豪華品揃えで16,500円。アルコール各種のほか、専門家がセレクトした日本酒のペアリングやティーペアリング、ソフトドリンク込みの充実したコースだ。

なお同店では、酒の特徴にあわせたグラスを提供。飲み口の形状、ガラスの薄さ、サイズによって生じる味の感じ方を加味している。“食×酒×グラス”のペアリングならぬ、トリプリングが楽しめるのもここならでは。

個室があるので、デートや接待などのシチュエーションでも利用できる寿司店だ。

すし玲
所在地:東京都港区南青山5丁目8-11 地下1階
コースのスタート時間:月~金・土17:00、17:30、18:00、20:30、日・祝日12:00、13:00、17:00、17:30、18:00、20:30
定休日:水
コースメニュー:おまかせコース16,500円、季節のおまかせコース22,000円
予約WEBサイト(公式):https://www.sushi-rei.jp/

熟成鮨のおまかせコースが堪能できる「新宿御苑前 鮨らぼ」

「新宿御苑前 鮨らぼ」は、今年8月にオープンした寿司学校の東京すしアカデミー直営の店だ。

銀座で3~4万円する高級寿司のクオリティを保ちながら1万円台のコースを提供するという同店は、江戸前寿司の王道ネタと、“うまいがあまり出回らない希少食材”を組み合わせた料理を提供する。

席はカウンター6席のほか、テーブル席が20席。白木の香る席は接待や会食はもちろん、デートにもおすすめだ。

熟成寿司やとろ、アワビ、ウニを含む寿司17種とつまみをあわせて全26種のフルコース「花園コース」の価格は13,200円。

同店1番人気の「サバの瞬間スモークの握り」は、寿司締めせずに塩こうじで仕上げたサバを、その場でスモークしながら提供する。皿の中に立ち込めるスモークの煙によりはじめは中身が見えないが、徐々に消えていく煙の中から寿司が現れるという粋な演出の一皿だ。

サバの瞬間スモークの握り

サバの瞬間スモークの握り

熟成寿司も見逃せない。同店では宮崎県長谷川水産に勤める津本氏が考案したという「津本式血抜き」を使い、魚を仕立て保存する。水圧で魚の血管を圧迫し血を抜くこの方法は“究極の血抜き”と呼ばれている。この方法を行うことで臭みが抜け、旨味がじっくりと育つという。

同コースではこの方法で仕込まれた「キンメダイ寿司」など3種が提供*される。

* 時期により提供する品は変更になる

キンメダイ寿司

キンメダイ寿司

酒と昆布だけで作った煮アワビを肝ソースとからめて頂く「アワビの肝リゾット」は、食べ終わった後にシャリを入れて楽しめる。その味わいを実際に舌で確かめてほしい。

アワビの肝リゾット

アワビの肝リゾット

新宿御苑前 鮨らぼ
所在地:東京都新宿区新宿1丁目4−13 1階-A
営業時間:16:00~22:00
定休日:日、祝
コースメニュー:菊坂コース8,800円、花園コース13,200円
予約WEBサイト(公式):https://tsagroup.jp/sushilab/

伝統×創作で生まれる個性的な寿司「鮨 たつ也 よしかわ」

今年5月、中目黒にオープンした「鮨 たつ也 よしかわ」は、「鮨 よしかわ」の一番弟子である石田達也氏が店主を務める寿司店だ。

日本の伝統文化である「正統派江戸前寿司」を基本としながらも、同店ならではの創作性が加えることで“これまでにない寿司体験”を提供している。

カウンターは14席。落ち着いた木の風合いを感じさせながらもモダンな雰囲気漂う内装が魅力的だ。

同店自慢の「大将おまかせコース」(11,000円)は、店主自らその日に仕入れた最高ランクの食材を使った寿司だけでなく、魚の特徴にあわせて調理した椀物や焼き物なども味わえる。

たとえば「トロと卵黄の太巻き 濃厚赤出汁ソース」は、そのインパクト十分な見た目からSNS投稿客が後を立たない看板メニュー。

秘伝醤油に漬けこんだ中トロと赤身、ウニ、卵黄を贅沢に使用したこちらの巻物は、濃厚赤出汁ソースとともに頂く。口に含むとさまざまな食材の旨味を感じられる一品だ。

トロと卵黄の太巻き 濃厚赤出汁ソース

トロと卵黄の太巻き 濃厚赤出汁ソース

「大トロの天ぷら雲丹乗せ 柚子胡椒ソース」は、大トロに大葉を巻いて天ぷらにし、ウニとあわせた巻物。大トロの天ぷらのこってりとした味わいに、大葉の風味とウニの冷たさがあわさり、さっぱりと食べられる。

大トロの天ぷら雲丹乗せ 柚子胡椒ソース

大トロの天ぷら雲丹乗せ 柚子胡椒ソース

本マグロや江戸前小肌、生牡丹(ぼたん)エビなどの日替わりのネタは、まろやかな酸味のシャリとマッチし、素材本来の旨味が感じられる。

白焼きした国産ウナギにしゃりをサンドし、特製のタレをかけて海苔で巻いた「大将考案のウナギドック」は脂の乗ったウナギのふわふわした食感と、まろやかなシャリの酸味、特製タレのハーモニーが楽しめる。

大将考案のウナギドック

大将考案のウナギドック

寿司に新しい驚きを求めるなら、足を運んでみてほしい。

鮨 たつ也 よしかわ
所在地:東京都目黒区上目黒1-19-4 中目黒TNビル1F
営業時間:1部18:00~20:00、2部20:30~22:30
※完全予約制
定休日:日
コースメニュー:大将おまかせコース11,000円
予約WEBサイト(食べログ):https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13270451/

日本で唯一の焼肉寿司専門店「牛肉寿司 きんたん」

最後に紹介するのは、東京・銀座にある「牛肉寿司 きんたん」。同店は日本で唯一の“焼肉寿司専門店”で、最高級和牛と旬の海鮮を使用したメニューが30種類ほど揃っている。

席はカウンター8席、ゆったりとくつろげる個室*4部屋を完備している。カウンターは、樹齢300年超の木曽ヒノキの一枚板だ。

*別途で個室料が必要

同店では極上の牛肉寿司が楽しめる。たとえば、岐阜から独自ルートで仕入れた新鮮な牛タンを低温調理することで旨味を引き出した「飛騨牛のタン芯の握り」や、ハラミの周りを炭火で焼き上げ、インドネシア・バリ島の天然塩で味付けた「炭焼き飛騨牛のハラミの握り」など。

飛騨牛のタン芯の握り

飛騨牛のタン芯の握り

炭焼き飛騨牛のハラミの握り

炭焼き飛騨牛のハラミの握り

創作系の牛肉寿司も充実。見た目のインパクト十分な「和牛ユッケと北海道産の雲丹ドック」は、北海道の蝦夷(えぞ)バフンウニを贅沢に使用。ウニの下には黒毛和牛のシンタマをユッケにしたものを仕込んでおり、口に頬張ると山海の幸の香りが広がる。

和牛ユッケと北海道産の雲丹ドック

和牛ユッケと北海道産の雲丹ドック

他にも肉と魚のハーモニーが楽しめるメニューを豊富に用意。脂がのった北海道産トロにしんに、和牛赤身の希少部位である友三角をあわせた「トロにしんと友三角」や、山口県産の剣先イカに、牛タンで仕立てたコンビーフと自家製XO醤を鋳込んだ「剣先イカと牛タンのXO醤」など、数え上げたらきりがない。

トロにしんと友三角

トロにしんと友三角

剣先イカと牛タンのXO醤

剣先イカと牛タンのXO醤

同店では、牛肉寿司12貫コース12,000円、牛肉寿司15貫のコース18,900円を提供している。工夫を凝らした豪華な肉寿司をゆっくりと堪能したい時には予約を。

牛肉寿司 きんたん
所在地:東京都中央区銀座8丁目2番FPG links GINZA Corridor3F
営業時間:ランチ12:00~15:30、ディナー18:00~23:00
定休日:月、水
コースメニュー:牛肉寿司8貫コース5,500円(ランチのみ提供)、肉寿司10貫コース7,700円、牛肉寿司12貫コース12,000円、牛肉寿司15貫コース18,900円
予約WEBサイト(公式):https://www.kintan.restaurant/shop/ginza-niku-kappo/

こだわり抜かれた寿司が味わえる名店揃い。美食の秋にこそ足を運んでみてほしい。

(IGNITE編集部)

※価格はすべて税込
※営業状況が記事の掲載時と異なる場合がある。利用時には公式HPなどで最新情報の確認を