「ジープ・コンパス」に精悍さと安全性を高めた、かなりお買い得な限定車が登場!

意外と言っては失礼だが、ジープ・コンパスがSUV人気も追い風にして堅調な人気を博している。 日本では2017年12月にデビューしたジープ・コンパスは、一目でジープファミリーの一員であることが分かるデザインと、日本の都市部にもマッチするボディサイズ(全長4,400×全幅1,810×全高1,640mm)…

最速のカイエンターボを疑似体験できる『3.9sec Experience』が限定公開中

ポルシェの人気SUV「カイエン」には、ベースグレードの「カイエン(976万円)」から「カイエンS(1,288万円)」、そして頂点の「カイエンターボ(1,855万円)」というグレードが揃っているが、それらは同じモデルであって、ある意味では違うモデルとも言える。 価格レンジが広いことからも分かるとおり、…

「アバルト595」の頂点グレードに、さらなる刺激と操る楽しさを凝縮した限定モデル!

小さなカラダに強力な毒針をもつサソリは恐ろしい生き物だが、同じような特性を持つクルマの場合、走りを愛してやまない人々に非日常的な高揚感をくれる。 8月25日、アバルト595シリーズの頂点「595コンペティツィオーネ」に、100台限定のスペシャルモデルが加わる。 今回の「アバルト 595コンペティツィ…

DUCATIが時計に!イタリア2大ブランドがコラボした限定ウォッチフェア開催

真っ赤なカウルのモーターサイクルで有名な「DUCATI(ドゥカティ)」がコラボレートして、クールな時計になった!これは腕時計好きだけでなく、モータースポーツ好きにも垂涎のアイテムではないだろうか。 「LOCMAN(ロックマン)」は、2018年8月8日(水) ~ 2018年8月21日(火)の期間、ポッ…

「カムリ」の新グレードが主張する“ワールドワイド&スポーティ”な魅力

昨年7月に発売されたトヨタのFFセダン「カムリ」に新グレード「WS」が追加され、8月1日に発売された。 もともと北米を中心としたグローバル市場で存在感を発揮しているカムリだが、このWSは北米仕様のアピアランスを日本に持ち込んだモデルとなる。「WS」は“Worldwide&Sporty”の略で、カムリ…

大人の雰囲気が漂う「アバルト124スパイダー」の限定モデルが気になる

広島生まれのイタリア車といえば、そう、ご存知「アバルト124スパイダー」のこと。マツダとアバルトの奇跡的なコラボで生まれたこのモデルは、ロードスターのプラットフォームをベースに開発されたフィアット124スパイダーの“高性能版”だ。 そして7月28日、ロードスターとは似て非なる魅力を持つエンスー御用達…

Cクラスがマイナーチェンジ。EQブーストを搭載した「C200アバンギャルド」を試してみたい

メルセデス・ベンツの中核モデル「Cクラス」がマイナーチェンジを実施し、セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレの4車種を一挙に刷新。デリバリーは9月から順次スタートする。 今回のマイナーチェンジでは、内外装の刷新やSクラスと同等レベルの安全装備、そして次世代を見据えたパワートレーンの搭載が注目…

新型リーフNISMOに乗って、EVならではの新感覚スポーツドライブを!

EV(電気自動車)はエコかもしれないけれど走りは退屈……いや、一概にそうとも言い切れない。EVであっても、というよりEVだからこそ楽しめるスポーツドライブも確かにある。 そのひとつの選択肢として、日産リーフのスポーティ仕様「リーフNISMO」が7月31日に発売された。 新型リーフNISMOは、シャシ…

『キャデラック de 温泉』……旅の相棒はXT5クロスオーバー? それともCT6?

「ゆっくり温泉に浸かって猛暑の疲れを癒したい」という方に、温泉・絶景・食の楽しみだけではなく、そこにたどり着くまでの移動時間もラグジュアリーに過ごせるモニターキャンペーンが開催されている。 その名も『CADILLAC de ONSEN』。キャデラックの魅力にじっくりと触れながら、高級温泉宿を目指す旅…

モータースポーツと花火の異色コラボ「花火 ザ パフォーマンス」開催

モータースポーツを愛する人であれば誰もが憧れる「鈴鹿」。 F1グランプリや鈴鹿8耐などは世界的な大会としても有名で、多くの人気を集めている。その鈴鹿で「花火」を見ることができるという異色のコラボイベントがこの夏に行われる。 鈴鹿サーキットでは、8月11日(土・祝)から14日(火)まで、モータースポー…

ホンダの高級プラグインハイブリッド「クラリティPHEV」は約100キロをEVとして走る

昨年4月のニューヨーク・オートショーにおいて、「FCV(燃料電池)・EV・PHEV」という3種類のパワートレーンが用意されることが明らかになったホンダの「クラリティ」。 日本ではこれまでFCVがリース専用で存在していたが、7月20日、新たにプラグインハイブリッドの「クラリティPHEV」が発売された。…

『ミッション:インポッシブル』の世界観を表現した「BMW M5」の2018年限定モデルがクール

人気アクション・シリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、いよいよ8月3日から日本でも公開される。 劇中では新型M5をはじめ、1986年製の5シリーズセダン、7シリーズセダン、2輪の「R nineT スクランブラー」といった数々のBMWモデルが躍動するのだが、映画の世界観を表…

スモールSUV「パンダ」に、2気筒ターボ+6速MT+4WDを組み合わせたニッチかつ魅力的な限定モデル

EVやプラグインハイブリッドといった最新パワートレーンも捨てがたいけれど、ガソリンエンジンの中にも“新感覚”を味わえるものはある。 たとえば、わずか875ccの2気筒ながら巧みなターボ過給によって排気量からは想像もできない加速を生みだすエンジンがそう。 そして、そのエンジンの性能を自らの手で引きだす…

軽自動車のイメージを変えた「ハスラー」の特別仕様車“タフワイルド”がイイ感じ

スズキの代名詞ともいえる新型ジムニーの登場によって、少しだけ影が薄くなってしまったかもしれないが、秀逸なデザインで軽自動車のイメージを変え、驚きのスマッシュヒットを飛ばした「ハスラー」も健在だ。 7月17日には、新たな特別仕様車“タフワイルド”が発売された。 この特別仕様車では、存在感のあるブラック…

人とは違うSUVが欲しいなら、フレンチラグジュアリーSUV「DS7 クロスバック」が有力候補

気取らずカジュアルで、独創的なセンスやリラックス感が特徴のフランス車の中にあって、このブランドにはまた異なる魅力がある。 そう、PSAグループの最高峰「DS」は、デザイン・質感・運転支援テクノロジーなど、クルマを構成するすべてにおいて“フレンチラグジュアリー”を体現していくブランド。7月17日に発売…

セダン不遇の時代もなんのその。スバルの特別仕様車が即日完売!

500台限定の特別仕様車とはいえ、462万8,000円のクルマが瞬く間に完売した。それも今が旬のSUVでもファミリー向けのミニバンでもなく、不遇の時を過ごしているセダンだというから驚きだ。 ただし、車名を聞けば、それも納得だろうか。その特別仕様車とは、スバルのWRX STIをベースとする「タイプ R…