ついに最後の10台! 7人乗りを4人乗りにした贅沢な「ボルボ XC90 エクセレンス」

ボルボの最高級SUV「XC90 エクセレンス」の生産終了に伴い、日本向けの最終モデルとなる10台が発売された。 最終モデルならではの特典として、新車保証が3年から5年に延長されるほか、①自宅への充電機器設置サポート②ポールスターパフォーマンスソフトウェアインストール③ボディ&アルミホイールのプレミア…

純粋なドライビングプレジャーを最大化した、「718ケイマン/718ボクスター」の新グレード“T”

ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターに、ドライビングプレジャーを最大化した“T”が追加設定された。ここで言う“T”はツーリングの略で、1968年に登場した「911 T」の意思を受け継ぐ2シータースポーツとアナウンスされている。 「718ケイマン T」ならびに「718ボクスター T」は、ダイナミ…

メルセデス9番目のSUV、3列7人乗りの新型「GLB」がデビュー!

メルセデス・ベンツのSUVに、国内ブランド最多となる9車種目のブランニューモデルが投入された。 新型「GLB」は、3列7人乗りのコンパクトSUVとして開発され、究極のオフローダーであるGクラスの系譜をなぞるスクエアなボディや優れた悪路走破性、メルセデス最新の運転支援システムなどが与えられている。 メ…

限定10台の「メルセデス・マイバッハ Sクラス」は、ため息が出るような仕上がり

美しいスタイルと贅を尽くした高級感、伝統と新時代のプレステージ性を詰め込んだ、限定10台の「メルセデス・マイバッハ Sクラス グランドエディション」が登場。ため息が出るような「究極のエクスクルーシブ」が現実のものとされた。 メルセデス・マイバッハ Sクラスは、最新鋭のテクノロジーや卓越したクラフトマ…

メルセデスSUVの末っ子「GLA」が、スタイルと走破性に磨きをかけるフルモデルチェンジ

メルセデスSUVファミリーの末っ子である「GLA」が、2014年のデビュー以来、初めてのフルモデルチェンジを実施した。メルセデスの魅力がギュッと凝縮されたコンパクトSUVは、まずは「GLA200d 4MATIC」のみのモノグレードで導入が始まる。 2代目となる新型GLAのボディサイズは、全長4,41…

マイナーチェンジを施した「ホンダ CR-V」の最上級グレードは、黒の流儀で仕立てたクールなSUV

ホンダのミドルサイズSUV「CR-V」が、初めてのマイナーチェンジを実施した。現行モデルは2018年8月に復活した5世代目。セダンを思わせる上質な乗り味と、SUVとしての懐の広さを特徴としている。 CR-Vの最新ラインナップは、ガソリン仕様が2列5人乗り/3列7人乗りのいずれか、今回から「e:HEV…

ワイルド&エレガントな幌型ジープ、「ラングラー・ブラック&タン」は限定150台の早い者勝ち!

ジープのアイコン「ラングラー」に、ブラックのボディとタン(淡い茶色)のソフトトップを組み合わせた限定車「ブラック&タン」が登場した。 価格は2ドアが492万円、4ドアの「アンリミテッド」が513万円。限定台数は2ドアが50台、4ドアが100台。 現行JL型ラングラーでは初のソフトトップ車となる「ラン…

“サステナブル・スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現する「ボルボ XC90」は限定15台

「ボルボ XC90」のエレガントかつ洗練された佇まいは、並みいるブランドが誇るフラッグシップSUVの中にあっても抜きんでている。 そして、限定15台で設定した「XC90 B5 AWD Tailored Wool Edition(テイラード・ウール・エディション)」では、上質感だけではなくリサイクル性…

マッスルカーの火は消さない! 「カマロ」伝説を語り継ぐヘリテージエディション

フォードならびに「マスタング」の撤退から早4年が過ぎ、また「コルベット」がミッドシップへと刷新した今、ここ日本では大排気量のV8エンジン+FR(後輪駆動)を採用するピュアなアメリカン・マッスルカーは「カマロ」のみになっている。 そんなカマロに、1967年に登場した初代モデルにオマージュを捧げる「HE…

限定150台の特別な「アウディ TT」は、ベース車から“わずか”78万円アップ

アウディの2+2スポーツ「TTクーペ」に、多彩な装備によってスポーツカーのダイナミズムを追求しつつ、価格も抑えた限定車が設定された。 アウディTTは、昨年5月に大幅なブラッシュアップを実施した3世代目。ちなみに昨年は、初代TTシリーズが国内導入されてから20年の節目でもあった。 今回の限定車「TTク…

メルセデス洗練のSUVクーペ「GLEクーペ」が、初めてのフルモデルチェンジ!

メルセデス洗練のSUVクーペ「GLEクーペ」が初めてのフルモデルチェンジを実施し、6月11日から注文受付を開始した。 ラインアップは、ディーゼル仕様の「GLE 400d 4MATIC クーペ スポーツ」と、ガソリンターボに電動スーパーチャージャーや電動モーターを組み合わせた高性能仕様の「メルセデスA…

最大航続距離は1,300km以上! プラグインハイブリッドを搭載した「RAV4 PHV」

昨年4月にデビューした「トヨタ RAV4(5世代目)」の頂点モデルとして、プラグインハイブリッドシステムを搭載した「RAV4 PHV」が追加された。 モーターによるEV走行距離は、満充電状態で95km。ガソリンと合わせた航続距離は1,300km以上にまで延び、どこまでも行けそうなロングラン性能を実現…

ポルシェの新時代を切り拓くフル電動スポーツカー「タイカン」、頂点モデルの0-100km/h加速は2.8秒

ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」の国内販売価格が発表された。 価格は、エントリーの「4S」が1,448万1,000円、ミドルレンジの「ターボ」が2,023万1,000円、頂点の「ターボS」が2,454万1,000円。日本市場ではすべて右ハンドル仕様となる。 新型EVスポーツカーの「タイカ…

鮮やかな“ひまわりイエロー”をまとう「アルピーヌ A110 カラーエディション2020」

高性能ミッドシップスポーツ「アルピーヌ A100S」に、鮮やかな“ひまわりイエロー”をまとう期間限定モデルが登場した。受注期間は、2020年6月5日から2021年の3月31日まで。 「アルピーヌ A110 カラーエディション2020」は、毎年コレクションを発表するファッションの世界から着想を得たモデ…

限定992台の「911タルガ4S ヘリテージデザインエディション」は、細部へのこだわりが半端ない

ポルシェオーナーの夢を叶え、時にわがままなリクエストにも応えてくれるポルシェ・エクスクルーシブマニュファクチャーが、伝統に敬意を表した新シリーズ「ヘリテージデザインエディション」をリリースした。 その第一弾は日本で発売されたばかりの「911タルガ4S」で、タイプ992というコードネームにちなんだ限定…

常に売れ筋の「シエンタ」と「アクア」にそれぞれニューフェイスが登場

トヨタの定番コンパクトである「シエンタ」と「アクア」に、それぞれニューフェイスが登場した。 シエンタに追加された新グレード「ファンベース G シエロ」は、3列シート車で好評の「G シエロ」と同様の装備を2列シート車で実現したモデルとなる。 具体的には、LEDランプパッケージをはじめ、合成皮革×スエー…