トヨタの人気ミニバン「シエンタ」が、安全性もセールスもさらに盤石に

ミニバン市場における「シエンタ」の独走が止まらない。昨秋にカジュアルなアウトドアスタイルを演出する特別仕様車「GLAMPER」を追加し、3列シート仕様(7人乗り/6人乗り)や2列シート仕様のFUNBASE(5人乗り)とともに豊富なラインナップを構築中。 コンパクトミニバンとしての総合力に優れるシエン…

限定30台の特別な「BMW M4クーペ」は、サーキットの情熱をボディにまとう

バツグンの運動性能と研ぎ澄まされたデザインに心躍らずにはいられない「BMW M4クーペ」に、世界有数のサーキットからインスピレーションを受けたボディカラーをまとう特別限定車が登場した。世界限定台数は750台で、そのうち30台が日本にやってくる。 特別限定車「M4クーペ Edition Heritag…

「ホンダ シビック」がカッコよさと安全性をブラッシュアップ

2017年9月に約6年ぶりの日本復活を果たした「ホンダ シビック」が、初めてのマイナーチェンジを実施した。 今回は外装デザインのブラッシュアップに加え、ハッチバックにトップロードサンルーフをOP設定。さらに運転支援システムの「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備とし、新たに歩行者事故低減ステアリ…

若年層からシニアまで愉しめる軽オープンスポーツ、「S660」がマイナーチェンジ

ホンダの2シーターオープンスポーツ「S660」がマイナーチェンジを実施し、1月10日に発売された。 今回は「デザインの深化」をコンセプトとし、スタイリングに磨きをかけるとともに国内初採用の新色「アクティブグリーン・パール」を追加した。 S660は、絶対的なパワーは小さいながらも、MR(ミッドシップエ…

SUVらしさと艶感を強調した「マツダ CX-30」専用のカスタマイズパッケージ

マツダ新世代のクロスオーバーSUV「CX-30」が順調なスタートを切っている。 昨年10月の発売から約2か月での受注台数は1万2,346台。グレード別の構成比は、快適装備や運転支援システムを充実させた「PROACTIVE ツーリングセレクション」が48%、ブラウン内装に白と黒の本革シートを組み合わせ…

歴史的なフルモデルチェンジ! C8こと第8世代の新型「コルベット」がついに登場

アメリカを代表するスポーツカー「コルベット」がフルモデルチェンジを実施し、第8世代(C8)へとバトンをつないだ。 今回のモデルはまさに歴史的な大刷新で、駆動レイアウトを伝統のFRから史上初となるミッドシップへと変更し、さらに日本市場に初めて右ハンドル仕様を導入する。 大盛況のうちに閉幕した東京オート…

唯一無二の存在感! マッスルカーの雄「カマロ」がフロントフェイスを刷新

アメリカを代表するスポーツクーペ「シボレー カマロ(第6世代)」がフロントフェイスを刷新し、カッコよさを増して登場した。 それと同時に、1967年に登場した初代カマロにオマージュを捧げる限定車「ヘリテージエディション」も発売されている。 新型カマロでは、2018年のSEMAショーで好評だった「SHO…

漆黒パーツやタンレザーシートなどを採用した“特別なエルグランド”が復活

アルファード/ヴェルファイアが盤石の地位を築いている現在のラグジュアリーミニバン界だが、その先駆者であり、かつては“キング・オブ・ミニバン”として名を馳せたモデルが、日産エルグランドだ。 そして今回、2018年2月に期間限定で発売したモデルを特別仕様車として復活させている。 エルグランドは、存在感の…

トヨタ完全オリジナルのスポーツ4WD、新型「GRヤリス」が世界初公開!

かつてのセリカGT-FOUR(1988年)からGR-FOUR(2020年)へ……。空力・軽量・高剛性を追求したスポーツモデル、新型「GRヤリス」がワールドプレミアされた。 このモデルにはトヨタの情熱と技術が濃密に注入され、WRCを“勝ち抜く”ための高い戦闘力が与えられている。また、WRCマシンのホモ…

FF車のニュル最速ラップを叩き出した「メガーヌ R.S. トロフィーR」は早い者勝ち!

2019年4月5日にFF車のニュル最速ラップを叩き出した「メガーヌ R.S. トロフィーR」の購入予約が始まった。 世界限定470台のうち日本へはわずか47台が導入され、ルノー公式サイトの専用ページでの購入申し込みによる先着順で販売される。 また、トロフィーRの戦闘力をさらに高めた”カーボン・セラミ…

アストンマーティンの新型「DBX」は、スポーツカーの遺伝子を受け継いだSUV

106年の歴史を誇る英国のラグジュアリーブランドが新たな歴史の扉を開いた。そう、アストンマーティン史上初のSUV、新型「DBX」の予約受注がここ日本でも始まっているのだ。 英国の誇りとスポーツカーのエッセンスが濃密に注入された新型DBXは、5人乗りのラグジュアリーSUV。スポーツカー開発で培ってきた…

【トライアンフ】特徴的なトリプルエンジン!2020年 新型「Street Triple S」登場

よりアグレッシブな姿になって、新登場。 トライアンフモーターサイクルズから、2020年 新型 Street Triple Sが発表。最上位モデルのRS同様の新しくアグレッシブな外観、バランス、スタイリングでアップデートされている。高レベルの仕様と装備、特徴的な660ccトリプルエンジン、 直感的で機…

公道も走れる!チョイノリに最適な話題の三輪トライク

自転車よりは本格的で、車やバイクよりはカジュアルに。 「ちょっとそこまで」の距離感をグンと広げる、遊び心満点のスマートビークルを続々と発売している株式会社ブレイズが、未来の3輪トライク「BLAZE EV TRIKE(ブレイズEVトライク)」を発表した。   夢をかなえる軽キャンピングカー「…

“もっともスポーティなマカン”こと「マカンGTS」がいよいよ登場!

生粋のスポーツカーメーカーであるポルシェだが、今もっとも人気があるモデルは言わずもがな、ミドルサイズSUVの「マカン」だ。 もちろんそこには、SUVならではの機動力や使い勝手の良さのみならず、ポルシェならではのスポーツ性や多くの人が憧れるブランドパワーが宿っている。そんなマカンに、もっともスポーティ…

ラグジュアリーサルーンの世界を変えた「パナメーラ」の10周年エディション

ポルシェの4座スポーツサルーン「パナメーラ」に、誕生10周年を祝うスペシャルエディションが設定されている。価格はいまだ未発表ながら、日本導入は確定済みだ。 スポーツカーとラグジュアリーサルーンを高次元で融合したパナメーラは、2009年に初代モデルが登場。2011年にはハイブリッド、2013年にはプラ…

三菱エクリプスクロスが、LEDイルミネーションの採用で上質感アップ

三菱のクロスオーバーSUV「エクリプスクロス」が一部改良を受け、ドア周りの利便性と上質感を向上させた。 エクリプスクロスは、スタイリッシュなクーペフォルムとSUVの機動力を融合したクロスオーバーSUV。ボディサイズは全長4,405×全幅1,805×全高1,685mm、最低地上高は175mmを確保し、…