アートな場所に生まれ変わった、台湾・高雄の貨物線レール跡

台湾といえば、今でも有名な「台湾バナナ」やサトウキビ。それらを出荷していた頃の名残が、高雄の港近くにある。 高雄港の真横に広がる広大な緑の土地。そこに古いレールが何本も横たわっていた。ここがかつて貨物列車が着き、荷揚げや荷下ろしをして港からバナナなどを輸出していた引き込み線である。 その当時使用され…

イタリアのスローライフから生まれたコンパクトウォレット

イタリアのスローライフから生まれた革製品。   ダヴィンチファーロは、バッグ界のマエストロ、ガブリエル・カンデローリ氏の実の息子、アレクサンドロ・カンデローリ氏が手がける新鋭ブランド。偉大な父から学んだ伝統の技を確実に受け継ぎながらも、そのテイストは父の生み出すバッグとは全く異なるモダンで…

広大な鳥取砂丘の馬の背から見る日本海の美しさ

鳥取に行ったら1度は歩いてみたい鳥取砂丘。 鳥取砂丘は少しずつ積み上げられてできた日本最大級の砂丘で十万年もの歳月がかかっているという。 南北に2.4km、東西に16km、高低差は最大で90m。 平日の9時前に到着したが、すでに砂丘をパラパラと歩く観光客が見える。砂地の向こうに日本海が広がっている。…

旬の食材を用いた初夏の味わい〜ヒルトン東京 日本料理「十二颯」

しらすや鰹、アスパラガスなど初夏に楽しめる旬の食材。それらを味わえる会席、鉄板焼、寿司のメニューが日本料理「十二颯」に登場だ。 ヒルトン東京の日本料理「十二颯」では、5月と6月に味わえる会席、鉄板焼、寿司において初夏の新メニューをスタート。 「1年12ヵ月、最も旬の食材を用いた料理で新しい風を起こす…

かつて秀吉が開催した北野大茶湯を大阪城で再現!

かつて秀吉が開催した「北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ) 」を現代に再現。 茶道を通した日本文化と秀吉の大阪城との融合を体験できるイベントが行われる。   ミライザ大阪城内のザ ランドマークスクエア オオサカでは、6月16日(日)に屋上ブルーバーズ ルーフトップテラスにて「大阪城大茶会」と題…

老舗テーラーのオーダースーツが一生無料に?!「父の日ダンディズムアワード2019」

働いているお父さんのスーツ姿はかっこいい。 老舗テーラーであるカインドウェアは、125年にわたり、フォーマルウェアをはじめオーダースーツを提供している。明治時代、まだ貴族しか洋服を着ていない頃に、貴族が着ていた注文服を買い取って一般の人に売ることから始まり、戦後の繁栄にかけてフォーマルウェア着用とい…

「小田原フラワーガーデン」で今週末から最盛期!150種の春バラが開花

初夏の風が心地良い季節。 1年間を通じて様々な花を楽しむことができる「小田原フラワーガーデン」で“最も美しい”花の景観を楽しめる「春バラの最盛期」がまもなくやってくる。 見ごろは今週末の5月18日(土)~26日(土)と予想。そして現在、「春のローズフェスタ」を6月2日(日)まで開催中だ。 ■「小田原…

プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに。蓄電&つながる機能も強化

トヨタとパナソニックがタッグを組み、コネクティッド・シティという発想に基づいた「未来の街づくり」を進めていく。 そのひとつのキーモビリティが、現行の2代目プリウスPHVだろう。5月9日の一部改良では、乗車定員を従来型の4名から5名に増やすとともに、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H(V…