モダンな3列7人乗りSUV「ディスカバリー」が、直6エンジン+MHEVを搭載!

3列7人乗りのモダンかつタフなSUVである「ランドローバー ディスカバリー」が、大胆な変貌を遂げた2017年のデビュー以来、初めてのマイナーチェンジを実施した。 2022年モデルとなる新型のハイライトは、パワートレーンの刷新にある。3.0Lのガソリン/ディーゼルは、いずれも従来までのV6から、「IN…

今が買い時! 「ディフェンダー」の2022年モデルに装備充実の限定グレード

ランドローバーの本格クロカン「ディフェンダー」が年次改良を実施し、2022年モデルだけの限定グレード「XS EDITION」を設定。合わせて新しい3つの“ビジュアルパック”を導入し、自分好みの1台に仕立てる歓びを広げている。 [nextpage title=”限定グレードはガソリン仕様のみ”] 3ド…

「シトロエン C3」のオシャレな特別仕様車は、リビングのような心地よさを追求

シトロエンの癒し系コンパクト「C3」に、日本独自企画による特別仕様車「C3 モダンサロン」が設定された。このモデルでは、庭やバルコニーをリビングの延長と考える住まいづくりと同じように、クルマを居心地のいい“移動するリビング”と捉えたところからスタートしている。 [nextpage title=”ミッ…

「カングー2」最後の限定車は、初のディーゼルエンジン×6速MT!

遊び心のあるデザインと優れたユーティリティを備える「カングー」に、ルノーが日本に導入する初めてのディーゼル仕様が限定400台で設定された。 [nextpage title=”WLTCモード燃費は19.0km/L”] 現行カングーは、2009年に発売された2代目モデルこと「カングー2」。10年を超える…

全モデル電動化! 「メルセデス・ベンツ Cクラス」が7年ぶりのFMC

メルセデス・ベンツの中核モデルたる「Cクラス」が7年ぶりのフルモデルチェンジ(FMC)を実施し、“全モデル電動化”によって新時代の幕開けを告げた。 まずは7月下旬からセダンの「C200」ならびに「C220d」の先行予約が始まり、デリバリーは秋ごろを予定。ステーションワゴンのデリバリーは、来年の第一四…

現存するアストン最古のモデルをオマージュした美しきロードスター

イギリスの高級スポーツカーブランドであるアストンマーティンが、現存する最古のモデル「A3」の誕生100周年を記念したトリビュートモデルを制作している。 [nextpage title=”レトロ感を現代風にアレンジ”] 一般的にA3という名称で知られる「シャシーNo.3」は、アストンマーティン創業時に…

0-100km/h加速=3.3秒!ターボの上をいく「カイエン ターボGT」が登場

ポルシェの高性能SUV「カイエン」に、ターボの上をいく“ターボGT”が新設定された。新型カイエンターボGTは、純内燃エンジン仕様としてシリーズ最強のパワーを誇り、0-100km/h加速=3.3秒という俊足は他を圧倒する。 [nextpage title=”そのパフォーマンスはまさに圧巻”] カイエン…

レーシンググリーンをまとう「Fペイス」は、冷静と情熱が交差する高性能SUV

紳士的なアスリートを想わせるミドルサイズSUV「Fペイス」に、ジャガーを象徴するブリティッシュレーシンググリーンをまとう限定車が設定された。ベース車は、Fペイス最強のパフォーマンスを誇る「SVR」だ。 [nextpage title=”特別感と高性能ぶりをさりげなくアピール”] Fペイスの2021年…

官能のドライビングSUV「ステルヴィオ」に、伝統の名を冠した新グレード

アルファロメオのミドルサイズSUV「ステルヴィオ」に、上質感を追求した新グレード「ヴェローチェ」が追加された。それに伴い、従来までの「スポーツパッケージ」は在庫限りで終了となる。 [nextpage title=”スポーツ性能×上質感”] 官能的なデザインや俊敏な身のこなしを特徴とするステルヴィオは…

カスタマー向けのサーキット専用車「BMW M2 CS レーシング」が登場!

BMWの高性能コンパクトスポーツ「M2」に、サーキット走行に照準を定めたストイックかつ刺激的なモデルが登場した。このモデルはカスタマーレーシングのエントリー仕様として、国内唯一のBMW Mモータースポーツ・ディーラーである、株式会社モトーレン東都のみで限定販売される。 [nextpage title…

限定各25点のみ!伝説の名車「アストンマーチンDB5」から作られた腕時計登場

日本での販売は僅か各25点のみ!英国の超高級スポーツカー「DB5」のボンネットを文字盤に組み込んだ腕時計が登場。車好きは要チェックの逸品だ。 ツナゴウプロジェクトはGREEN FUNDINGにて、「伝説の名車 アストンマーチンDB5のボンネットから作られた日本限定各25点の超貴重腕時計【Atelie…

鮮烈かつ洗練の「500X グランビスタ」は、晴れ晴れとした気分にさせてくれる

なんとも形容しがたい閉塞感や不寛容を感じる時代だが、このクルマを見たり運転したりすれば、なんだか心が晴れやかになるような気がする。そうした感覚は、助手席のパートナーや後席に座る家族や仲間たちも同様ではないだろうか。 [nextpage title=”開放的なツインルーフを採用”] SUV版のチンクエ…

ラングラーの限定車“オーバーランド・ナチョ”は、まるで太陽のようなジープ!

ジープの本格オフローダーである「ラングラー」ならびに「ラングラーアンリミテッド」に、陽気なテンションを発散している限定車“オーバーランド・ナチョ”が登場した。 その名の由来は、メキシコの伝統的なスナックであるナチョス(Nachos)。鮮やかなオレンジカラーは、チェダーチーズをたっぷりかけて食べるナチ…

EV走行は約65km!シトロエン初のプラグインハイブリッドSUVが登場

コンフォート性能をブランドアイデンティティとするシトロエンが、“次世代のコンフォート”を体現する初めてのプラグインハイブリッドSUVを発売した。 [nextpage title=”低重心化+シリーズ最良の前後重量配分”] 2CV、エグザンティア、DS、C6……、戦前から現代にいたるまで、様々なアプロ…

ただならぬ存在感! 漆黒をまとう「BMW 8シリーズ」の限定車

BMWの最上級ラグジュアリー「THE 8」に、漆黒で統一された内外装をまとう限定車が設定された。他を圧倒する存在感とスポーティな個性は、ただ路上に佇んでいるだけで、一体どんな人がオーナーなのだろうかと興味を抱かせるだろう。 [nextpage title=”限定車ならではの世界観”] BMWのオンラ…

限定40台の「ギブリ」は、マセラティと藤原ヒロシ氏による“二重奏”

異端児×異端児という刺激的なコラボが、「マセラティ ギブリ」が謳う、画一化された世界に染まることのない個性をさらに際立たせている。 [nextpage title=”クルマという形態でストリートミュージックを表現”] マセラティのスポーツセダンであるギブリに、1980年代から日本のヒップホップ界を牽…