元祖ハチロク最後の限定車を想起させる“BLACK LIMITED”は、こだわりの限定86台

トヨタのFRスポーツ「86」に、元祖ハチロクを想起させる特別仕様車が登場した。限定台数は、6速MT/6速ATがそれぞれ43台ずつ。そう、こだわりの86台となる。 トヨタ 86は、重心の低い水平対向エンジンとハンドリングに優れるFRという素性を活かしたスポーツカーとして、2012年のデビューから、たゆ…

直6ガソリンターボを搭載した「X3 M40i」には、BMWの「駆けぬける歓び」が満ち満ちている

BMWのミッドサイズSUV「X3」に、直6ガソリンターボを搭載したMパフォーマンスモデル「X3 M40i」が追加された。 すでにX3にはトルクフルな直6クリーンディーゼルを搭載する「M40d」が設定されているものの、スムーズかつ軽快な吹けあがりや力感あふれる加速、卓越したコーナリング性能などを実現す…

最高出力650ps/最大トルク800Nm! ポルシェ911の頂点モデル「ターボS」がいよいよ登場

タイプ992こと第8世代の「ポルシェ 911」に、トップエンドモデルたる「911ターボS」が発表された。日本での価格は未定ながら、クーペとカブリオレが同時に導入される。 2019年1月のカレラS/カレラ4Sを皮切りに、同年9月にベーシックなカレラを導入している新型ポルシェ911は、歴代モデルから続く…

スタイリッシュな相棒、メルセデスの「CLA/CLAシューティングブレーク」にエントリー&高性能モデルが追加

メルセデス・ベンツのCLA/CLAシューティングブレークに、エントリーモデルの「CLA 180」と高性能モデルの「メルセデスAMG CLA 35 4MATIC」が追加導入され、ラインナップの幅が大きく広がっている。 2世代目となる現行CLA/CLAシューティングブレークは、昨年9月にそれぞれ6年ぶり…

もっとも身近なメルセデスセダン「Aクラスセダン」に最新ディーゼルを搭載

メルセデス最小のプレミアムコンパクトセダン「Aクラスセダン」に、力強い加速や環境性能に優れるディーゼル仕様が追加された。 日本では昨年7月から発売されているAクラスセダンは、セダンのフォーマルさとAクラスの持つ若々しいイメージを融合したモデルとなる。 ボディサイズは、全長4,550×全幅1,800×…

空飛ぶクルマ「テトラ3」が米国での試験飛行許可を取得!

空飛ぶクルマが、商品化への一歩を踏み出した! 1人乗りエア・モビリティを開発するテトラ・アビエーションは、開発中機体に対する米国での試験飛行許可を取得。米国内でのデモやテスト飛行が可能になり、商用化実現の目標へいっそう近づいた。 テトラ・アビエーションは、いわゆる空飛ぶクルマにカテゴライズされるeV…

よりスタイリッシュかつ精悍な「ラングラー アンリミテッド」の限定車は、通常は選べないエンジンを搭載

目の肥えたジープ好きにも刺さる、スポーティテイスト溢れる「ラングラーアンリミテッド」が登場した。 「アンリミテッド スポーツ」をベースにした今回の限定車は、グロスブラック仕上げの特別な内外装や、通常は搭載されない2.0Lの直噴ターボエンジンによる軽快な走りを特徴としている。 限定200台で発売される…

鮮やかなハッピーイエローをまとう「フィアット500/500C」は限定380台

フィアット500/500Cに幸せを呼び込むようなボディカラーをまとう限定車が登場した。 今回の「500ミモザ」ならびに「500Cミモザ」は、イタリアで女性の日(3月8日)に感謝の気持ちを込めて贈られるミモザの花をイメージしたボディカラーをまとう、日本だけの限定車となる。 目に鮮やかな黄色の小さな花を…

絶妙なユルさが人気の「カングー」に、コルシカ島の街をイメージした限定車が登場

フランスの商用車ベースである「カングー」の人気が衰えることをしらない。もちろん爆発的というわけではないものの、その安定感のある人気ぶりは同じような出自である「プジョー リフター」や「シトロエン ベルランゴ」が登場してからも変わらず、それどころかカングーならではのサイズ感やポジショニング、絶妙なユルさ…

オペル is カムバック! 2021年後半に“より身近なドイツブランド”として日本再参入

カジュアル系のドイツ車ブランド「オペル」が、2021年後半に日本市場にカムバックすることが正式発表された。その時には、ブランドが掲げるブリッツ(稲妻)マークのような勢いをもって、一気に3モデルが導入される。 2006年を最後に日本から撤退していたオペルだが、90年代後半の最盛期には年間で約3万8,0…

日産のスーパーハイト軽ワゴン「ルークス」は、軽自動車トップの安全性能が大きな魅力!

日産主導で企画&開発されたスーパーハイト軽ワゴン、新型「ルークス(ROOX)」が発表された。 ひと足先に発表された「三菱 eKクロススペース/eKスペース」の兄弟車である同モデルは、2世代目へのフルモデルチェンジを機に、従来までのデイズルークスからルークスへと改名。「ROOM(空間)」×「MAX(最…

妖艶かつ弾丸のようなダイナミクス性能を連想させる、「ジュリエッタ」の限定車はわずか50台

昨年1月に高性能グレードである「ヴェローチェ」の右ハンドル仕様に一本化し、近い将来のフルモデルチェンジも噂されているアルファロメオのプレミアムコンパクト「ジュリエッタ」に、個性的かつ重厚なオーラを放つ限定車が登場した。 2月29日から限定50台で発売される「ジュリエッタ ヴェローチェ MATT(マッ…

高級輸入車レンタカーサービス「ラフィーネレンタカー」が、ザ・プリンス パークタワー東京とコラボ

ホワイトデーの時期に合わせた特別なプランで、大切なパートナーと都内ドライブはいかが。 港区東麻布に誕生した「Raffine Rentacar(ラフィーネレンタカー)」は、アストンマーチンやメルセデス・ベンツを中心に約15台の高級車レンタカーを常備しお出掛けやデートなどに利用されている。そんな中、ザ・…

北米や中国などで大ヒット中のグローバルセダン「アコード」が日本上陸

フルモデルチェンジを受け、10代目へと進化したホンダのグローバルセダン「アコード」が登場した。 とはいえ、10代目アコードは今から2年半ほど前の2017年10月に北米を皮切りに世界デビューしており、大型セダンを好む北米や中国などで既に大ヒット中。セダン不遇である日本への展開はかなり遅れたものの、その…

「MAZDA 3」の全モデルで、曲がりやすさと安定性を両立する「i-ACTIV AWD」が選択可能に

国産コンパクトの基準を大きく引き上げた「MAZDA 3」がラインナップを強化し、ガソリン車とディーゼル車の全モデルで“AWD”が選べるようになった。 今回追加されたのは、よりパワフルなガソリン仕様の「SKYACTIV-G 2.0」に四輪駆動システムの「i-ACTIV AWD」を組み合わせたモデルで、…

マセラティ「グラントゥーリズモ」の最後を飾る特別限定車は、日本とイタリアをつなぐ架け橋にもなる

マセラティのブランドアンバサダーに日本を代表するスプリンターである桐生祥秀選手が就任した。その就任を祝って仕立てられた特別限定車「グラントゥーリズモ グランフィナーレ」は、世界に1台のみ&世界で販売される最後のグラントゥリーズモとなる。 マセラティは100年を超える歴史を持つイタリアの高級スポーツカ…