「クロスホテル大阪」日本茶とおすすめの一冊と出会うくつろぎの宿泊プラン

「クロスホテル大阪」が、「私だけの時間~日本茶を楽しむゆったりステイ~」宿泊プランを3月31日(木)まで販売する。ハンドドリップで入れた香り高いお茶と、大阪”にまつわる本でゆったり至福のひとときを過ごせるプランだ。

■なんばの中心地に立つ「クロスホテル大阪」

大阪ならではの体験と、ホテルでの「今」を大切にし、滞在中に過ごすすべての時間を、他の街や他のホテルでは出会えない、かけがえのない時間へと高める「クロスホテル大阪」。

なんばの中心地にある立地を生かし食やアート・音楽などを通して、地域文化や歴史の古さと新しさの融合を表現する活動を推進している。

■冬限定宿泊プランの特別な内容

本を楽しむ宿泊プラン「私だけの時間~日本茶を楽しむゆったりステイ~」は、忙しい日常から離れて、ホテルの暖かい部屋で日本茶を味わいながら、ゆったりと読書ができる。

用意される書籍は、ホテルスタッフおすすめの「大阪にまつわる話」がコンセプト。大阪ならではのハートフルな物語やミステリー、青春群像小説など。どんな本が渡されるかは当日のお楽しみだ。

読書のお供は、茶葉本来の味を楽しめるハンドドリップスタイルで入れる「GREEN GLASS Brew Tea」の煎茶。

緑茶発祥の地、京都宇治田原で天保7年より創業されている矢野園の抹茶をブレンドした、鮮やかな色合いと、甘味のあるすっきりとした味わいが特徴。カットの際に加わる熱を考慮し、前段階での火入れの加減を繊細に調整、豊かな香りが際立つよう仕上げている。

また、「クロモジ」のハーブティーも用意。日本固有の香木で、アロマオイルや化粧品などに用いられる「和のハーブ」の代表格だ。高貴で爽やかな香りが特徴で、リラックス・鎮静効果で知られている。茶菓子には、小さな花のような形から「糖花」と呼ばれるシンプルながら濃厚な甘みの金平糖を。

■読書後は季節を感じる香りの入浴剤でバスタイム
読書後は、独立型のバスルームでバスタブにたっぷりの湯をはり、「花柚子(はなゆず)」「君影草(きみかげそう)」の2種類を用意する。季節を感じる香りの入浴剤を楽しみながら、体の芯からゆったりとできる自分だけの時間を過ごすプランとなっている。

宿泊は「スタンダードフロア ツイン」

知らず知らず蓄積している日々の疲れをホテルステイで癒してみてはいかがだろうか。

クロスホテル大阪
「私だけの時間~日本茶を楽しむゆったりステイ~」
期間:2022年1月4日(火)~2022年3月31日(木)
料金:(1名1室1泊)13,600円~
※税・サ・宿泊税含む
所在地:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目5番15号
公式サイト:https://www.crosshotel.com/osaka/

(冨田格)