KUON×ニック・ウースター、東洋と西洋の文化を融合させたコレクション

ただオシャレなだけじゃなく、それを選ぶことにこそ意味がある。

■「新しいものは古くなるけれど、美しいものはいつまでも美しい」

2016年2月設立、メンズアパレルブランド「KUON」は、サステナビリティというテーマにファッション、アート、素材の観点からアプローチ、日本の伝統技術を西洋的な観点でアップデートしている点が国内外で高く評価されている。

ブランドコンセプトは、「新しいものは古くなるけれど、美しいものはいつまでも美しい」

「KUON」は、ファッションコンサルタントのニック・ウースター氏とのコラボレーションによる最新のカプセルコレクションを発表した。

UPCYCLED VINTAGE JAPANESE SILK KIMONO

日本のシルク製のヴィンテージ着物を刺し子の技法で手作業でパッチワークし、ニック・ウースターのシグネチャーであるピンクに染め上げた。

■東洋と西洋の文化を融合させるパートナーシップ

ニック・ウースター氏は、今回のコラボについてこう語っている。

KUONと私のコラボレーションは、それぞれが服への愛を探求する機会となりました。

私は、サステナビリティ、クラフツマンシップ、ヘリテージの上に成り立っているKUONの美学に最も惹かれています。これらのテーマは、世界中の男性の心に響くものだと信じています。

これは、東洋と西洋の文化を融合させるパートナーシップなのです。

日本の伝統的な手仕事である刺し子や襤褸パッチワークに焦点を当て、アメリカやヨーロッパのヴィンテージのミリタリーウェアやチノパン、日本のシルクの着物をアップサイクルして使用し、さらに日本の伝統的なアップサイクル技術である裂き織りを使用したこのコレクションは、東洋と西洋の境界を超えた美学と多様性を例証している。

UPCYCLED VINTAGE MILITARY CLOTHING

アメリカ・ヨーロッパのヴィンテージミリタリーウェアを解体、刺し子の技法により手作業でパッチワーク。

今回のコラボレーションアイテムは、中国や香港で展開するInitial Gentlemanの店舗及びオンラインストアにて限定発売する。オンラインストアでは日本からの購入も可能だ。

SAKIORI

使い古した布を細く裂き、緯糸として織りこみ、衣服や生活用品へと再生する日本古来の伝統技術である裂き織りを使用したアイテム。KUONの裂織りはさまざまな障がいを抱えた人々の手によって織られている。

新しいのに、どこか懐かしい。日本と西洋の伝統が生み出した、大切に着続けていきたい一着。

Initial Gentleman:https://initialgentleman.com

KUON Flagship Store
所在地:東京都渋谷区神宮前2-15-10
公式サイト:https://kuontokyo.myshopify.com/ja

(冨田格)