【まとめ】おうちコーヒーにこだわりたい人へ。デザインや機能性に優れたおすすめコーヒーメーカー5選。

おいしいコーヒーを淹れたい人は、豆だけでなく道具にもこだわってみては。今回は、デザインや機能に優れたおすすめのコーヒーメーカーを厳選して5つ紹介する。

ミル挽きから抽出まで全自動で行える商品も紹介するので、手軽にコーヒーを楽しみたい人は参考にしてほしい。

細部まで高いデザイン性を誇る「BALMUDA The Brew」

「BALMUDA(バルミューダ)」はキッチン用品やスピーカー、スマートフォンなど幅広く扱う家電メーカーだ。最初は2022年度、グッドデザイン賞を受賞した「BALMUDA The Brew(バルミューダ ザ・ブリュー)」を紹介したい。

同商品は、独自テクノロジー「クリア ブリューイング メソッド」により、蒸らし・抽出・仕上げといった過程ごとに注湯温度をコントロールする。

また、豆から雑味成分が溶出する前に、ドリッパーへの注湯をストップ。抽出されたコーヒー成分と温度を調節するため、ドリップ時とは異なる注湯口から仕上げの加水を行う。これにより、目が覚めるようなストロングな味わいと、クリアな後味を実現した。

同商品は3つのモードを搭載している。鮮やかな香りと味わいの「REGULAR」、凝縮されたフルボディの味わいの「STRONG」、さわやかな清涼感が楽しめる「ICE」から選べる。

同商品の使い方はシンプル。まずドリッパーにフィルターと中細挽き~中挽きにしたコーヒー粉をセットし、タンクに水を入れる。モードと杯数を選んでスタートボタンを押せば、抽出が開始される。抽出の間、古時計の振り子をイメージした音が流れる。しばらくたち、抽出完了の音がすれば完成だ。

表示や操作音など細部にいたるまでこだわりを感じる同商品。コーヒーを淹れる過程も楽しめるはずだ。

BALMUDA The Brew
価格:59,400円(税込)
公式WEBサイト(公式):https://www.balmuda.com/jp/brew/

豊富なミルクメニューが楽しめる「グラン ラティシマ」

「Nestlé(ネスレ)」グループの1ブランドである「Nestle Nespresso(ネスレネスプレッソ)」は、本格派コーヒーを手軽に楽しめるマシンやカプセルの提供を行うメーカーだ。昨年9月、人気シリーズ「ラティシマ」から、高機能モデルの「グラン ラティシマ」が登場した。

同商品は、リスレット、エスプレッソ、ルンゴといった3種類のコーヒーメニューに加え、カプチーノやカフェラテ、ラテマッキャート、フラットホワイトなど、自宅にいながらカフェメニューのようなミルクメニューを楽しめる。

全てのメニューは、ミルクや水を注いだタンク、コーヒーカプセル、カップをセットしたあと、ボタンを押すだけで完成する。

またホットだけでなく、氷を入れたグラスにコーヒーを抽出することで、アイスコーヒーやアイスラテを作ることも可能だ。

同商品は、丸みを帯びたやわらかな印象のフォルムとシンプルで洗練されたデザインも特長。カラーは、ホワイトを基調とした「フレッシュ ヴァイタリティ」、ブラックを基調とした「ソフィスティケーティッド ダークス」の2色だ。

手軽に豊富なメニューが楽しめる同商品。その日の気分に合わせて、至福のコーヒータイムを堪能してみては。

グラン ラティシマ
価格:48,400円(税込)
販売WEBサイト(公式):https://www.nespresso.com/jp/ja/order/machines/original/gran-lattissima-fv

豆挽きから自分好みに調整できる「アロマフレッシュ」

ペーパードリップコーヒーを世界で初めて考案したドイツのコーヒー専業ブランド「Melitta(メリタ)」。昨年11月、同ブランドは、ミル付き全自動コーヒーメーカー「アロマフレッシュ」を発売した。

同商品は、メリタの人気シリーズのリニューアルモデル。理想的な抽出率と濃度を引き出す自社基準「メリタゴールドスタンダード」により、コーヒーの繊細さと立体的なおいしさを引き出せるように設計されている。

豆を挽くミルはプロユースでも使用され、コーヒーかすの飛び散りが少なく、挽き目の調整が可能な「コニカルカッター」を採用。また口が大きくて洗いやすいポット、洗浄タイミングを教えてくれるお知らせ機能を搭載し、自宅での取り扱いやすさにこだわっている。

同商品は、大人数で利用する人や、1日にたくさんコーヒーを飲む人におすすめの10杯用と、スリムでコンパクトな6杯用がある。6杯用は、日本スペシャルティコーヒー協会が選定する「Good Product賞」を受賞している。

取り扱いは各専門店やECサイトのほか、家電量販店のオンラインショップでも取り扱いがある。

抽出だけでなく、豆挽きから自分好みに調整できる同商品で、本格コーヒーを楽しんでみては。

アロマフレッシュ
価格:10杯用34,800円(税込)、6杯用29,800円(税込)
販売WEBサイト(ヨドバシカメラ公式)
10杯用:https://www.yodobashi.com/product/100000001007453659/
6杯用:https://www.yodobashi.com/product/100000001007453658/

豆や水の計量もいらない手軽さが魅力「カフェばこPRO」

「シロカ」は、小型家電の企画・開発・製造・販売を行っている企業である。次に紹介するのは、同社が昨年10月に発売したコーヒーメーカー「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO」だ。

同商品は、豆と水をセットし、好みの抽出温度と杯数を設定した後、ボタンを押すだけで挽く・蒸らす・淹れるまでを全自動で行う。豆と水の計量もおまかせでOKだという。

同商品は、デカフェをおいしく淹れられるコース、ミル単独で使えるモードなど、自分の好みやライフスタイルに合わせて楽しめる。

本体のカラーはブラック、シロカ直販サイト限定カラーのライトグレーの2色となっている。

ドリッパーとバスケットが一体型で、取り外して丸洗いできるほか、シャッターが開き、ブラシで掃除したミル内部の粉を落とせる「ミルお手入れモード」、給水タンクと本体内部の水を自動で排出する「クリーニングモード」なども搭載しているので、手入れも簡単だ。

計量いらずの手軽さで、本格的なコーヒーを抽出できる同商品。手間をかけずに楽しみたい人におすすめだ。

コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO
価格:29,700円(税込)
販売WEBサイト(Amazon公式):https://www.amazon.co.jp/dp/B0BBLN7B1S?ref=myi_title_dp&th=1

抽出温度と味わいが選べる。Toffyのコーヒーメーカー

日本の雑貨メーカー「ラドンナ」による、毎日の暮らしを彩るキッチン家電やツールを扱うブランド「Toffy」。最後に紹介するのは、豆の挽き具合や味わいが選べる「Toffy 全自動ミル付カスタムドリップコーヒーメーカー」だ。

同商品は、抽出温度と味わいの組み合わせにより、自分好みのコーヒーが楽しめる。抽出温度はLOW(約83度)、HI(約90度)、アイスコーヒーの3パターン、味わいは、マイルド・ミディアム・ストロングから選択できる。

また、無段階の繊細なグラインドが可能な挽き目調節ダイヤルを備えている上、粉からのドリップにも対応しているのもポイントだ。

同商品は、豆挽きからドリップまで全自動で行う。LEDランプが操作手順をエスコートしてくれるので、はじめて使う人でもすぐ操作できる。またコーヒーの抽出・豆挽きの完了時間を設定できるタイマー機能も付いているので、忙しい朝でも淹れたてのコーヒーを堪能できる。

カラーはシックな色合いのリッチブラック。ラグジュアリーな佇まいで、キッチンまわりを上品に演出してくれるだろう。

温度と味わいを簡単に設定できる同商品。はじめてコーヒーメーカーを扱う人にもおすすめだ。

Toffy 全自動ミル付カスタムドリップコーヒーメーカー
価格:29,700円(税込)
販売WEBサイト(楽天公式):https://item.rakuten.co.jp/toffy/21120410/

デザインや機能にこだわったコーヒーメーカーで抽出する一杯。休日はもちろん平日でも、極上のコーヒータイムを楽しめるはずだ。

(ysjm)