福井県・越前|開高健も愛した温泉宿で味わう「白湯だしと卵のノドグロ丼」

越前温泉にゆっくりつかり、日本海の恵みをゆっくり味わう贅沢。

創業明治3年、福井・越前海岸にある「ふるさとの宿こばせ」が、ノドグロを「卵かけ」や「だし茶漬け」でも楽しめる「白湯だしと卵のノドグロ丼」を5月9日(月)より販売する。ノドグロ尽くしのコースを堪能できる宿泊プランも注目だ。

海の宝石「ノドグロ」を味付け卵や濃厚ダシで食す

「ふるさとの宿こばせ」は、越前町の特産品・越前がにはもちろん、旬の味覚、温泉、景色が自慢の宿。大の釣り好きだった作家・開高健氏が何度も訪れたことでも知られる。

今回の新メニュー「白湯だしと卵のノドグロ丼」は、開高氏が名付けた名物グルメ「開高丼」が毎年12月で提供が終了するため、それに代わる丼の要望が多かったことから開発を始めたという。ちなみに「開高丼」は、開高氏自身のリクエストにより作られた丼で、セイコガニ(越前がにの雌)8杯分の身、内子、外子を2合のご飯の上に豪快に盛り付けたものだ。

「白湯だしと卵のノドグロ丼」は、「開高丼」のノウハウをもってようやくできあがったというタレを使用。また、程よい脂と旨味を引き出すため、新鮮なノドグロの皮目を炙っている。

まずはそのままで、「味付け卵」で卵かけご飯に、また、ノドグロの白湯ダシでお茶漬けに。さらに、ねぎ、焼き海苔、胡麻、ワサビなど薬味で“味変”が楽しめる。

セットまたはコースでオーダーが可能

「白湯だしと卵のノドグロ丼」はセットまたはコースに含まれる料理で、単品での提供はない。また、利用には予約が必要だ。「白湯ダシと卵のノドグロ丼セット」(6,000円)、さらにノドグロの塩焼きとノドグロの煮付けがつく「白湯ダシと卵のノドグロ丼コース」(10,000円)がある。

「白湯ダシと卵のノドグロ丼」6,000円、内容:だし卵のノドグロ丼、小鉢、お刺身の盛り合わせ

夕食・朝食付きの「ノドグロ料理コース 宿泊プラン」(税込20,000円)も用意している。

宿泊プランのノドグロ料理コース。

開高健氏が通った宿で、越前グルメに舌鼓を打つ休日もいいだろう。

ふるさとの宿こばせ
所在地:福井県丹生郡越前町梅浦58-8
公式サイト:https://www.kobase.co.jp/

(hachi)