錦絵の中に迷い込む。秋の嵐山、嵯峨野で紅葉を堪能しよう

朝夕の冷え込みでじわじわと紅葉シーズンが近づいてきた。 紅葉がみごとなスポットは日本全国にさまざまあるが、日中の寒暖の差の大きい京都での紅葉も見逃せない。 阪急嵐山駅で下車すると、すぐに街路樹として植えてあるもみじが赤く染まり観光客を迎える。ここでシャッターを切る観光客も見受けられるが、その先の錦に…

芦ノ湖と富士山を眺めて温泉に浸る老舗リゾートホテル「箱根ホテル」

芦ノ湖畔に建つ箱根ホテルは創業1923(大正12)年の老舗ホテル。 恩寵箱根公園や箱根関所、芦ノ湖海賊船の船着き場の近くでロケーションも申し分ない。 国道1号線からはホテル駐車場とコンクリート造りの美術館のような建物が見えるのみで、あわや通り過ぎてしまいそうなモダンな外観。 決してオープンとはいえな…

王室御用達のケーキの老舗「DEMEL」ウィーン本店の素敵なお土産

ウィーンの中心部、ハプスブルク家が王宮として住んでいた「Hofburg(ホーフブルグ)宮殿」のすぐ側に、「DEMEL(デメル)」がある。 真っ白な建物に、黒に金字の看板。「DEMEL」という文字の上には、ハプスブルク家の紋章が入っているという格調高き老舗だ。 日本にも店舗を構えるこの世界的に有名なケ…

現存する日本最古のリゾートクラシックホテル「日光金谷ホテル」

浅草から東武鉄道の特急に乗ると、2時間弱で東武日光に到着する。 急に思い立って出かけたので見学先はノープラン。まずは有名な華厳の滝を観に行くことにした。 バスも運行していたが、手っ取り早く駅前からタクシーに乗り込む。 華厳の滝は落差97メートル、轟く爆音と滝壺まで一気に落ちていく潔さは荘厳。 再びタ…

湖畔近く、信州の美味を楽しむ昭和ロマンの純和風旅館「旅荘 二葉」

長野県諏訪市の上諏訪温泉は温泉の湧出量も多く、温泉を引いたホテル・旅館はもちろん、温泉の共同浴場や入浴温泉施設のある小学校もある。 JR上諏訪駅の徒歩圏内から温泉宿が立ち並び諏訪湖周辺は、観光スポットも多く存在する。 今回は上諏訪駅から徒歩4分という便利な場所に建つ純和風旅館「旅荘 二葉」を紹介しよ…

今が旬。なかなか出回らないチェコの特別な酒「ブルチャーク」に舌鼓

初秋だけにしか味わえない「Burčák(ブルチャーク)」とは、圧搾したぶどうのしぼり汁が発酵途中にあり、ワインになる手前の段階で提供するものである。 そのためブルチャークを味わうには、ぶどうの収穫からしばらく経った9~10月が適当。 もちろんこれはチェコだけでなく、ドイツやイタリアなどでも似たような…

文人たちが愛した大自然にたたずむ静寂の宿「谷川の湯 あせび野」

伊豆半島のほぼ中央にある湯ヶ島温泉郷は井上康、川端康成、梶井基次郎、若山牧水、島崎藤村、北原白秋、松本清張など多くの文人墨客に愛された温泉地。 今回は湯ヶ島温泉にひっそりとたたずむ温泉宿「あせび野」を紹介しよう。 あせび野は狩野川の支流、猫越川沿いの谷間に建っており、緑濃い中に和風の趣。 ロビーに入…

山の新鮮な空気を吸う奥飛騨の秘湯・福地温泉「隠庵 ひだ路」

岐阜県の北アルプスの麓の福地温泉は、人里から離れた山あいの小さな温泉地。端から端まで3キロほどの距離の小さな集落に11軒の宿が点在する。 今回は、全室に露天風呂と檜の内湯を完備する温泉旅館「隠庵(かくれあん)ひだ路」を紹介しよう。 到着すると屋根が横にすっと伸びた平屋建ての建物が自然の中に溶け込んで…

城崎温泉で個性的な風呂な七つの外湯を巡って

兵庫県の城崎温泉といえば外湯めぐりが思い浮かぶだろうか。 城崎温泉にはさとの湯、一の湯、御所の湯、まんだら湯、地蔵湯、鴻の湯、柳湯の七つの外湯がある。 滞在時間が短ければどこかひとつ、時間が許せばいくつかの外湯を巡りたいものだ。七つある外湯は一つひとつが個性的であるとともに、銭湯として十分に整った施…

立ち止まって眺めたい、フランス文化が香るモントリオールの教会群

モントリオールはカナダ第2の都市であり、ケベック州の中心ともなっている。 もともとフランス領だったため、他の州とは違ったヨーロッパ的な美しさが味わえる街だ。 そんなモントリオール市内には、壮麗な教会がいくつも建てられている。内部の美しさもさることながら、ユニークなものもあるので紹介したい。 「Bas…

プリッとしたブランド蟹を堪能する越前の隠れ宿。鷹巣温泉「越前満月」

福井県・越前鷹巣海岸沿いに建つ割烹旅館「越前満月」。 外観の赤い妻壁、ロビーの赤い毛氈(もうせん)と野点傘(のだてがさ)がいにしえへと情緒を誘う。 静かで落ち着いた館内は随所に生花を活け、ゆったりとした時間が流れる。 3千坪の敷地に客室は、木造平屋造りの9室という贅沢。露天風呂付きの和室とベッドルー…

150の美しい堂塔から成る平和の寺院・比叡山延暦寺を巡る

京都と滋賀の県境にある比叡山は高野山と並び古くから信仰対象の山。眼下に琵琶湖を、西に京都の街並みを一望する景勝地でもある。 比叡山延暦寺は一塔の建造物を指すのではなく、山に点在する150ほどある堂塔の総称だ。 大きく3つのエリアに区分され、東を「東塔(とうどう)」、西を「西塔(さいとう)」、北を「横…

和モダンな空間で伊豆の自然を堪能する嵯峨沢温泉「嵯峨沢館」

静岡・伊豆半島を縦断する狩野川に並ぶ下田街道沿いには長岡温泉、修善寺温泉、湯ヶ島温泉など中伊豆の温泉地が連なる。 今回は天城湯ヶ島温泉を形成する天城七湯のうちのひとつ、嵯峨沢温泉の「嵯峨沢館」を紹介しよう。 嵯峨沢温泉は渓流沿いの湯量豊富な温泉。京都の嵯峨野に似た雰囲気を持つ里として嵯峨沢と名づけら…

新たな菓子の聖地・近江八幡の菓子舗「たねや」と「クラブハリエ」を訪ねて

関西ばかりでなく、東京近郊でもすっかり有名になった「たねや」と「クラブハリエ」。その始まりは明治5(1872)年の滋賀県近江八幡市だ。 「たねや」の名が全国で広く知られるようになったきっかけは、自分で作る最中「ふくみ天平」のヒットである。 そして「クラブハリエ」はしっとりとしていて甘さもほどよい「バ…

異次元に誘うような通路で風呂巡り。四万温泉・積善館「佳松亭」

大正ロマネスクを用いたアンティークな造りの「元禄の湯」で有名な群馬・四万温泉の積善館。 傾斜地に建つ宿は「日本最古の湯宿建築の本館」、「和風の粋と技巧の山荘」、「贅と心づくしの佳松亭」の3つの建物から成る。 元禄4年(約320年前)に建てられた本館は、今なお昔ながらの湯宿建築の雰囲気を色濃く残し、県…

ぬるぬるの湯と甘い越前ガニを愉しむ古民家の温泉料理宿「やまざき」

福井県の越前海岸、厨(くりや)温泉は一度入ったら忘れられないほどぬるぬるとした肌触りが特徴だ。 このぬるりとした温泉に浸かりたくてやってきたのが、加賀から古民家をそのまま移築したという温泉旅館「やまざき」。 瓦屋根の日本家屋の風情ある佇まいが懐かしさを漂わせ客を迎える。 門をくぐると正面に玄関、左手…