レクサスRC Fにも裏メニューの「CCS-R」が用意されるという噂は本当か!?

■CCS-Rとは? IS FにはTRDと共同開発された「CCS-R」というモデルが存在していた。サーキットや東京オートサロンなどで展示されていた、オレンジ/ブラックのアレである。CCS-Rとは「サーキット・クラブ・スポーツ・レーサー」の略で、市販モデルのIS Fをベースに、走りに特化したサーキット専…

一目置かれる存在でいたい人へ、英国ベントレーからの招待状

「一流を目指すなら、一流のモノに触れるべき」……とはよく言われることだが、たとえ一流を目指していなくても、一流に触れた経験や時間はきっと、大人の男に深みや味わいをもたらすはず。そして男として生まれたからには、一流ではなくても“一目置かれる存在”でいたいと思うのが自然だろう。柄にもなくそんなことを思っ…

【これぞ本物のラグジュアリー!】メルセデス・ベンツCLSがビッグマイナー

初代『CLSクラス』は2004年にワールドプレミア。2010年に発表される2代目の誕生までに約17万台のセールスを記録した。プレミアムブランドの❝4ドアクーペ❞市場を切り開いた、いわば元祖である。車名のCLSはクーペのCLクラスとセダンのSクラスを組み合わせ命名された。 2012年にはステーションワ…

「ちょいハズしなエレガンス」標準装備を充実させて2015年に挑むBMW X5

オフロードの走破性能と乗用車顔負けのオンロード性能を兼ね備えた『X5』の存在は、プレミアムSUVの新たなベンチマークとして確固たるポジションを築き上げた。2000年のデビューから累計販売台数は130万台を超える成功を収めているが、Xシリーズのラインナップが拡大する現在も『X5』がその中心に位置するこ…

成熟したオトナのメルセデス、Sクラス・クーペ登場

今年3月のジュネーブ・モーターショーでワールドプレミアされた『Sクラス・クーペ』がついに発表、日本でも受注が開始された。セダンのSクラスと並ぶメルセデス・ベンツのフラッグシップであり、事実上、CLクラスの後継モデルである。 新世代メルセデスの開発コンセプト『モダンラグジュアリー&インテリジェンス』に…

ル・マン24時間レースを冠したアウディ「R8 LMX」を6台限定で導入

アウディジャパンは、ル・マン24時間レースを冠した全世界で99台の限定モデル、アウディ「R8 LMX」を6台限定で日本へ導入する。 「R8 LMX」が量産車として世界ではじめてレーザーハイビームを搭載していることは既にお伝えしたとおり。アウディのハイエンドスポーツカーである「R8」には、常に最新のラ…

スズキのフラッグシップ・セダン「キザシ」を見たら覆面パトカーと思え!

スズキの「キザシ」というクルマをご存じだろうか? スズキといえば「ワゴンR」をはじめとした軽自動車のイメージが強く、最近も「ハスラー」でスマッシュヒットを飛ばしているが、実は普通車でも「スイフト」や「SX4」といった秀作を生みだしているメーカーでもある。そんなスズキのフラッグシップ・セダンが、冒頭の…

レクサス本気の「F」が正式発表!【レクサスRC F詳細解説】

2007年に登場したIS Fは、コンパクトなボディに400psオーバーの5L-V8エンジンを搭載したスポーツセダンである。これまでレクサスが経験したことがないモデルのため、レーシングカー開発でハイパワーモデルの知見のある、トヨタのワークス部隊である「TRD」も開発協力を行なったという。 「1年に1度…

新型車レクサスRCが国内正式発表!【詳細解説】

世界のプレミアムブランドにあってレクサスにないもの、それは2ドアのクーペモデルである。過去にラインナップされていた「Jewel of LEXUS」と呼ばれた「SC」や、先代ISがベースのオープンモデル「IS C」もすでに販売が終了している。 そんな中、レクサスの「エモーショナルな走り」のイメージを牽…

【究極のデートカー】BMW2シリーズ・カブリオレの日本導入が待ち遠しいワケとは!

パリ・モーターショーでワールドプレミアを迎えたBMW『2シリーズ・カブリオレ』は、全世界で約13万台のセールスを記録した1シリーズ・カブリオレの後継モデルだ。ルーフはキャンバストップで、4シリーズのようなリトラクタブル・ハードトップではない。 その分、車重は軽くベースモデルに対し約150kgの重量増…

メルセデス・ベンツ Sクラスクーペ、“美の頂点”が日本に降臨

メルセデス・ベンツの最上級4シータークーペ「CLクラス」がフルモデルチェンジを実施し、実に18年ぶりに「Sクラスクーペ」の名を復活させた。 メルセデスの“美の頂点”と謳われる新型「Sクラスクーペ」は、2013年の東京モーターショーやフランクフルトショーで発表された「コンセプト Sクラス クーペ」を昇…

BMW2シリーズ・アクティブツアラー12月に発売開始

BMW初のマルチ・パーパス・ビークル、2シリーズ『アクティブ・ツアラー』の日本仕様の詳細が発表された。パワーユニットに1.5リッター直列3気筒ターボ(136ps/220Nm)+6ATを搭載する『218i』がMスポーツを含む3グレード(332~368万円)、2リッター直列4気筒ターボ(231ps/35…

世界に一つだけのBMW7を…フルオーダーできる特別限定車

BMWの最上級ラグジュアリー・サルーンである7シリーズの『アクティブハイブリット7エグゼクティブ』をベースに、カスタマー・オーダー・プログラムである『BMWインディビジュアル』のメニューを追加した特別限定車『アクティブハイブリット7インディビジュアル・エディション』が発表された。 『BMWインディビ…

マルチビームLEDヘッドライトや9速ATを装備!メルセデス・ベンツ CLSクラス

マイナーチェンジが施されたメルセデス・ベンツの『CLSクラス(クーペ/シューティングブレーク)』が披露され、10月10日から受注が開始された。 今回から全モデルに高解像度・高精度の『マルチビームLEDヘッドライト』が標準装備とされている。このヘッドライトは、片側24個のLEDを個別制御して、先行車や…

アウディ「TT」の新たなスポーティネスを提案する「TT スポーツバック コンセプト」

アウディはパリモーターショーで、アウディ「TT」の新たなスポーティネスを提案するべく4シーター・5ドアのスポーツカー「TT スポーツバック コンセプト」を発表した。伝統的な「TT」のフォルムを継承しつつ、さらに伸びやかなデザインを纏った「TT スポーツバック コンセプト」。オートチャイナで発表された…

ベンツ「Cクラスステーションワゴン」6年ぶりのフルモデルチェンジ

メルセデス・ベンツ日本は6年ぶりにフルモデルチェンジを行った「Cクラスステーションワゴン」を発表した。7月に発売されたセダンと同様に、「Cクラスステーションワゴン」も「アジリティ&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、素材選びから設計、製造工程に至るまであらゆる部分にメルセデスが誇る最先端…