あの興奮と感動がふたたび! ラグビーW杯2019を記念した「ディスカバリー」と「ディスカバリースポーツ」

ラグビー日本代表は4年前、ラストワンプレーの選択が象徴する勇猛果敢な戦いぶりによって、世界に衝撃と感動をもたらした。そう、ダークホース以下の存在だった日本代表は、世界有数の強豪である南アフリカ代表を相手に、当時は奇跡、すでに伝説とも言える勝利を掴みとったのだ。 あれから早4年……、9月20日(金)か…

見た目も走りもタフネス! 「コンパス・トレイルホーク」が登場

全長4,410×全幅1,810×全高1,665mm、日本の道路事情とファミリーユースにフィットするSUVとして、ジープの中では目立たない存在ながらも確かな実力を備える。そう、ラングラーでもなくレネゲードでもなく、「コンパス」のことだ。 そんなコンパスに、過酷なオフロード試験をパスしたモデルだけに与え…

メルセデス・ベンツ「Cクラス」のラインナップがさらに充実!

「メルセデス・ベンツ Cクラス」に、プラグインハイブリッド仕様の「C350e アバンギャルド」や特別仕様車の「ローレウスエディション」が追加された。また、エントリーの「C180」には、従来の1.6Lから換装された1.5L直噴ターボが搭載されている。 昨年8月にマイナーチェンジを実施した「Cクラス」は…

新世代1.5Lディーゼルを搭載した「プジョー308/308SW」に精悍な特別仕様車

ここ数年、以前よりもプジョー車を見かける機会が増えている気がしていたが、やはりデータとしても実証されていた。2018年度(2018年4月~2019年3月)は前年度比で約120%となる9,986台を販売し、2019年度もそれを超えるペースで順調に台数を伸ばしている。 好調を牽引しているのは、販売の約2…

FRからFFに転換した「BMW 1シリーズ」が、FFのネガを打ち消す「ARB」を採用

FF(前輪駆動)が主流のコンパクトハッチ市場において、FR(後輪駆動)による優れたハンドリング性能や前後重量バランスが大きな個性であり魅力でもあった「BMW 1シリーズ」だが、3世代目となる新型ではFFに転換。室内空間は広くなったものの、FRに未練が残るユーザーも多いことだろう。 だが、そこは走りに…

アウディ史上最強の620psを発揮する「R8クーペ/スパイダー」が登場!

2016年に2世代目へとモデルチェンジした「アウディ R8クーペ/スパイダー」が、さらなる深化を遂げた。 ミッドに搭載される自然吸気の5.2リッターV10エンジンは、アウディの市販モデルとして史上最強の620psに到達。また、アウディの高性能シリーズ「RS」の頂点に君臨するモデルとして、新たに「パフ…

新型ポルシェ911、“素”の魅力に溢れたベーシックモデルの価格が決定!

第8世代となる新型ポルシェ911に、ベーシックな「911カレラ」ならびに「911カレラカブリオレ」が登場した。 その心臓部から湧き出る出力は先代より15psアップし、0-100km/h加速は0.2秒速くなり、デュアルクラッチトランスミッションのPDKは先代の7速から8速へと多段化されている。 タイプ…

メルセデスAMGの新シリーズ「35」から、ホットハッチの「A35 4MATIC」が登場!

メルセデスAMGの門戸を広げる新しいホットハッチ「A35 4MATIC」が発売された。このモデルが属する「メルセデスAMG 35シリーズ」は、FF(前輪駆動)をベースに開発されたAクラスなどに対し、高出力エンジンや4WDシステム、強靭な足回りなどを採用して運動性能を高めつつ、快適性もキープした絶妙な…

より美しくなった新型CLA/CLAシューティングブレークは、メルセデスのFFモデルの中で最もスポーティ

美しさに磨きをかけたメルセデス・ベンツの新型「CLA/CLAシューティングブレーク」が登場した。CLAは6年ぶり、CLAシューティングブレークは4年ぶりのフルモデルチェンジで、新型は2世代目となる。 新型CLA/CLAシューティングブレークは、メルセデスが掲げる最新のデザイン思想「Sensual P…

120周年を祝う「フィアット500」の限定車は、ベース車から15万8,000円もリーズナブル

100年ブランドどころか今年で120年ブランドとなった「フィアット」。その代名詞でもある「500」ことチンクエチェントは、いつ見ても乗ってもココロがはずむイタリアンコンパクトだ。 そんな“チンク”に120周年を祝う限定車「500 スーパーポップ Centoventi(チェントヴェンティ)」が登場する…

磨きぬかれた漆黒をまとう「キャデラックXT5」の限定車はわずか25台

キャデラックのミドルサイズSUV「XT5 クロスオーバー」に、わずか25台の限定車「スポーツエディション」が登場した。磨きぬかれた漆黒をまとう同モデルからは、キャデラックの美学や高級感がよりダイレクトに伝わってくる。 キャデラック XT5 クロスオーバーは、2017年7月に日本デビュー。販売面では左…

ボルボのフラッグシップSUV「XC90」がデザイン刷新! 自慢のセーフティも強化

ボルボのフラッグシップSUV「XC90」が、現行モデルになってから初めてのマイナーチェンジを実施した。今回は内外装デザインの変更とともに運転支援システムをアップグレードし、さらには特別仕様車として「XC90 D5 AWD R-Design」をラインナップに加えた。 3列7人乗りSUVである「XC90…

VWの「ゴルフ」シリーズや「シャラン」でもディーゼルが選べる!

VWのディーゼルエンジン「TDI」搭載モデルが、遅ればせながら日本で拡充される。 これまで「ティグアン」や「パサート」シリーズ、「ゴルフトゥーラン」に導入されていたTDIだが、10月1日からは「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「シャラン」にも展開。これにより、ハッチバック/ステーションワゴン/セダン/…

セダン不遇の時代も関係ない! 35周年を祝う特別な「BMW M5」が放つ魔力

セダン不遇の時代とは言われるものの、他を圧倒する高性能セダンはその括りには入らない。より低い位置から路面を捉え、ねじ伏せるかのようにコーナーを駆けぬける歓びはいつの時代でも不変だ。 世界限定350台、日本ではそのうち10台が割り当てられた「BMW M5 35 Jahre(フュンフドライシッヒ・ヤーレ…

ベース車よりもリーズナブルな“黒のステルヴィオ”は限定15台

アルファロメオのミドルサイズSUV「ステルヴィオ」は、クイックなハンドリングや俊敏な身のこなしを味わえるドライビングSUV。その走りはまさに“独創的”で、ライバル達の走りが退屈に思えてしまうかもしれない。 そんなステルヴィオの魅力を専用のブラックパーツで際立たせた限定車が登場した。しかも、価格はベー…

三菱RVRがデリカD:5やeKクロスに通じる“最新フェイス”へ刷新

ライバルに比べて地味な外見や存在感の薄さもあって、いまいちSUVブームに乗れていない「三菱 RVR」だが、今回の改良が起死回生へとつながるかもしれない。 8月22日に発売されたブラッシュアップ版では、外装デザインを三菱らしい力強いものに刷新するとともに、全グレードで運転支援システムの「e-Assis…