築90年、身延山の旧家が「1日1組限定の一棟貸し旅館」に

日本仏教の三大総本山の1つである日蓮宗身延山久遠寺の入り口にある「迎賓館えびす屋」。来春の本格オープンに先駆けて、先行宿泊がスタートした。

■東京からも近い自然と歴史に囲まれた町

「迎賓館えびす屋」は豊かな自然に囲まれた山梨県の身延町にたたずむ伝統的日本建築の一棟貸し旅館。ここでは寺町の歴史や文化を体感できる。

身延山は東京から一番近い日本仏教の総本山であり、未だに宿坊(寺社のための宿泊施設)が複数存在する関東随一の宿坊群と言われている。

プライベートな山や川に囲まれた築90年の建物は、大正ロマンの色を残した洋間に、茶室にもなる和室、日本庭園、文化財に匹敵する欄間が現存。アイランドキッチンやレインシャワーを兼ね備えた風呂場も魅力だ。

■宿泊以外のイベントにも対応

コロナ禍の今、一棟貸切でプライベートをのんびり楽しめる空間となっている。宿泊だけでなく、食事会、撮影会、展示会としての利用も可能。他にはない格調高い建築でのプライベートブライダルにも対応する。

地域の食材を使い、ローカルガストロノミーをモットーにした料理を提供する「農カフェ」も併設。

来春からの宿泊料金は「1人利用の場合 1泊¥100,000」、「 2人利用の場合 1人1泊¥50,000」となっているが、2021年2月いっぱいは、貸切5万円の(食事別)トライアル価格で利用できる。

都会とは時間の流れが異なる、旧家の魅力を堪能したい。

迎賓館えびす屋:https://info852860.wixsite.com/website-1

(TF)