鳥取・皆生温泉に高級旅館「やど紫苑亭」来春オープン!

鳥取県米子にある皆生温泉は海から湧く温泉。温泉開発から100年を迎える皆生温泉に新たな宿が誕生。

■想像を超える最高のサービスとおもてなし

「日本の朝日100選」に選定されているほか「日本の渚100選」、「日本の白砂青松100選」にも選定される山陰随一の温泉地「皆生温泉」が100周年を迎えた。その歴史ある地の伝統を守りつつ、新しい時代の和の形を目指し、客室を10室に限定することで想像を超える最高のサービス、おもてなしの「やど紫苑亭」が来春オープンする。

多数の人気旅館を手掛けた建築家・松葉啓氏が代表を務めるアーキクト・ケイが設計・監理を担当。数々の作庭展で受賞歴がある造園職人・坂本利男氏が代表を務める「坂本造園(山口県)」が庭園を担う。館内には鳥取県在住者で初めて人間国宝に認定された陶芸家・前田昭博氏の「白磁」を展示し、地域の食と文化の広告塔となる旅館づくりを目指していくという。

■居心地の良さを追求した空間​

最上級の貴賓室(2室)は専有面積150平米を誇り、露天風呂と内風呂や美しい庭を備えた居心地のよい贅沢な部屋に仕上げた。専有面積100平米のプレミアムスイート・ラグジュアリースイート(8室)には、半露天風呂を備え、それぞれの客室でスタイルを創造。

館内すべての風呂に美容効果の高い泉質で知られる皆生温泉の「美人の湯」を存分に注ぐ。また貸切風呂を併設したスパラウンジを設けているので、心ゆくまでゆったりとしたプライベートな時間を過ごせる。館内には専用ダイニングのほか、茶室、美術ギャラリーなどの施設も備えるとのこと。

■皆生温泉開発100周年記念「やど紫苑亭」ふるさと納税宿泊券

「やど紫苑亭」は鳥取県米子市のふるさと納税の返礼品として「高島屋ふるさと納税サイト」に出品されている。

【貴賓室/2名1室の宿泊券(1泊2食付)】 寄附額1,000,000円

露天風呂と内風呂付が付いた専有面積150平米の最上級客室に、クィーンサイズのベッド2台。

食事は、契約農家の有機野菜や山陰の自然の恵みをふんだんに使った「やど紫苑亭の料理」を、鉄板焼にてセレクトワインとともにダイニングに用意する。

【ラグジュアリースイート/2名1室の宿泊券(1泊2食付)】 寄附額500,000円

半露天風呂が付いた専有面積100平米の客室に、セミダブルサイズのベッド2台。

食事は、契約農家の有機野菜や山陰の自然の恵みをふんだんに使った「やど紫苑亭の料理」をダイニングに用意する。

「やど紫苑亭」の贅を尽くしたサービスとおもてなしを自分へのご褒美にしてみては。

やど紫苑亭

住所:鳥取県米子市皆生温泉4丁目6-12
公式サイト:https://yado-shiontei.jp/

高島屋ふるさと納税サイト:https://furusato.takashimaya.co.jp/item/detail.html?dtl=4894315

※宿の利用は18歳以上の方のみ

(MOCA.O)