最高の素材と技術から生まれるタオル。新ブランド「BIKOH」誕生

タオルは日々の生活に欠かせないアイテム。だからこそ上質な逸品を使いたい。

今治タオルブランドから新ブランド「BIKOH(ビコー)」から新作タオルの発売を開始した。

 

日本最古の神話では、2人の神が海をかき回したのちに、現在の瀬戸内海に滴り落ちた雫が島となり、日本の国土が始まったと言われている。「美しく、麗しい光」を意味する BIKOH は、 この国際色豊かな日本の原点、聖なる雫を表現。

BIKOH は、揺るぎない伝統と、確かな技術を一筋の光として、 新しい日本の美しさを紡いでいくことをコンセプトにアイテムを展開していく。

■BIKOHの「モノづくり」

・”最高の素材”=素材との対話

 

日本人には馴染み深い綿は、育った気候や風土、水質によってその性質は変化する。

さまざまな特徴をもった素晴らしい綿を長年に渡って蓄積してきた豊富な知見を元に、更に厳選し最高峰の素材を取り扱う。

・”最高の技術”=素材の個性を引きだす

 

素材が語り掛けてくる言葉をもとに、長年に渡って引き継がれてきた技術によって素材のもつ個性を最大限に引き出すことこそが、最高の技術・最高の糸をつくる。

・”最高のタオル”=素材を形に

 

優れた吸水性と安全性が、今治タオルブランドの証。日本の確かな技術により肌触り、ボリュームを兼ね備えた「BIKOH TOWEL」を自信を持って届ける。

 

■BIKOH GEKKA(月華)

究極の素材・技術を突き詰め生まれたタオル “BIKOH GEKKA” 。

幻と称される希少性の高いプレミアムコットン「SUVIN GOLD」を使用。

SUVIN GOLDは繊維の長さが最も長く細いことを意味する綿の最高ランクである超長綿に位置付けられ、細く長い繊維はなめらかでしなやかな風合いを醸し出す。

こだわり抜いた素材を、手間隙かけ丁寧に作り上げた極上のタオルだ。

¥6,000~11,000

■BIKOH SEKKA(雪華)

欧米で最良の綿花栽培地である、サンフォーキンバレーで栽培された「サンフォーキン綿」を採用。

この素材の特徴を生かすために製造工程にもこだわり、繊細な素材を最大限に引き出すために極限まで糸を柔らかく仕上げている。

このボリューム感から想像ができない軽い使い心地、柔らかさを体感できるタオルだ。

¥4,500~7,500

■BIKOH JYUKA(樹華)

オーガニック・コットンを採用し、自然からの恩恵と満足できる使い心地の両立を実現させたタオル。

吸水性とボリュームを兼ね備えながらも、良質な自然素材だけが持つ心地よい風合いが感じられる。

¥4,300~7,000

※価格は全て税別

BIKOHのこだわりが詰まったタオルの数々。自分用だけでなくギフト用にも最適だ。

(haruyama)