時代を洞察(インサイト)して生まれ変わった新型ハイブリッドセダン

12月14日に発売された新型インサイトは、クルマの原点に立ち返る4ドアセダンとして登場した。

ボディサイズは全長4,675×全幅1,820×全高1,410mm。デザインはハイブリッド車であることを殊更に主張するのではなく、流麗なシルエットやシンプルな造形によって、上質感や品格を表現している。

内装デザインのアプローチも同様だ。シンプルな面と線で構成し、ソフトパッドを贅沢に使い、ステッチを丁寧に縫いこんでいく。大人の上質ハイブリッドセダンとしての寛ぎと品位がそこにはある。

また、電動ギアセレクター、オートブレーキホールド機能、Hondaインターナビ+ETC車載器、本革巻きステアリング、前席シートヒーターなどが全グレードに標準装備される。

パワートレーンには、発電用と走行用(131ps/267Nm)のモーターを持つハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-MMD」と、実に40.5%という最大熱効率を達成した1.5Lエンジン(109ps/134Nm)を搭載。滑らかかつスムーズな加速性能と、WLTCモードで28.4km/L(LXグレード)という燃費性能を両立した。

走行モードは「EVドライブ」「ハイブリッドドライブ」「エンジンドライブ」の3つから選べる。

また、IPU(インテリジェントパワーユニット)を小型化して後席下に配置することで、ガソリン車のそれとほぼ変わらない居住空間や積載性を実現している。トランク容量は519Lで、トランクスルー機能も備わる。

運転支援システム「ホンダ センシング」は、もちろん全グレードで標準装備される。燃費(しかもカタログ燃費)の優劣ばかりを競っていた時代は過去のこと。いまはハイブリッド車といえども、それだけでは勝負できない。新型インサイトは、全方位における高品質を狙った1台だ。

■グレードおよび価格
インサイト LX=326万1,600円
インサイト EX=349万9,200円
インサイト EX・BLACK STYLE=362万8,800円

(zlatan)

画像元:ホンダ技研工業