11月6日解禁!『幻の間人蟹(たいざがに)』を満喫できる!

カニと聞くと、心がワクワクする人も多いだろう。丹後の食材の王様、松葉がに。その中でも最高級ブランドの間人蟹(たいざがに)の漁が11月6日に解禁となる。

京都にある天然温泉付リゾート旅館、天橋立離宮星音のダイニング香音では、この冬、その間人ガニの中でも最高品質の番ガニと呼ばれる最上位のカニのみを使用しておもてなし。一般には流通しない 3,000杯に1杯の『黄金ガニ』も食べられる。

■一般には流通しない 3,000杯に1杯の『黄金ガニ』

間人ガニは、たった数隻の小型船のみ漁に向かうことが許され、漁に出られないこともあるほど。さらに水揚げされてから約50段階の細かい選別が行われる。そのため幻の間人ガニと呼ばれるほど。

天橋立離宮星音では、生け簀、32棟の農園ハウス施設を保有。豊富な種類の農産、水産食材を鮮度抜群の状態で、有名高級旅館やホテルで料理長を歴任した総料理長を中心に、新進気鋭の若い料理人メンバーが、絶品食材の魅力を引き出して調理。丹波の地酒も楽しめる。

金温泉と銀温泉の2種の天然温泉を配した贅沢な空間

また、金温泉と銀温泉の2種の天然温泉があるのも珍しい。金温泉は鉄イオンを豊富に含み、貧血、慢性消化器病、痔によいといわれている。銀温泉は、肌の保湿効果があるというメタケイ酸を多く含み、美肌にも効果が。

館内施設には、天然の御影石を敷き詰めた石盤と、多彩な光を放つ水盤の調和が美しい「天の庭」や、京都の和紙デザイナー、堀木エリ子氏による光テーブル、光棚などを配置。従来の旅館では体感できない、最高のくつろぎ空間で、上質な時間を過ごすことができるはずだ。

(TAKAKO.S)

天橋立離宮星音

幻の間人ガニコース/1名、1泊2食(2名1室利用時、税サ別)
・特別室    ¥78,000円 外内湯、天然温泉、全種類のアメニティサービス
・プレミアム  ¥73,000円 外内湯、天然温泉、2種のアメニティサービス
・スタンダード ¥68,000円 外内湯、天然温泉、1種のアメニティサービス

天橋立離宮 星音