太平洋を独り占めするおこもり系リゾート「ホテル海」でのひととき

館内はホテル仕様なのだが、靴を脱ぎ、スリッパに履き替えるところが面白い。吹き抜けの開放感あふれる空間から海が一望できる。大理石のフロアーの中ほどが丸く切り取ったように窪んでいる。こちらが本館のロビーラウンジである。

2loby

中央の暖炉を取り巻くようにベンチがしつらえてあり、コーヒーや紅茶が自由にいただける。

客室は本館に洋室7室、和室、和洋室4室。温泉露天風呂付きのスイートタイプの離れが3棟。どの部屋にも海に向かってテラスがあり、大海原の絶景を味わうことができる。

宿泊した部屋はリビングとベッドルームが別になっている離れ。シンプルでモダンなインテリアがリゾート感を演出している。

海に突き出したような広いデッキテラスには温泉露天風呂。湯上がりには、潮騒を聞きながらデッキチェアでくつろぐこともできるのがいい。

3heyaroten
目に映るものは木々の緑と海の青さ、空に浮かぶ白い雲だけで、波の音だけではなく潮の香りまでも感じられる気がする。うとうととまどろめば、幼い頃に家族で行った海水浴のシーンが現れては消えていく。

大浴場は本館の内湯と別棟の野天風呂がある。湯船に浸かりながら海が独り占めできそうな絶景が見られるので、野天風呂にはぜひ入浴してほしい。

4daiyokujo

サウナで汗を流したい場合は本館に低温サウナがあるのでそちらもお勧め。

食事は別棟の「レストラン海ほおずき」にて。夕食は地元の旬な食材を使った創作的な和会席を提供している。

夜、ベッドに横になれば海の音をかすかに聞きながらいつの間にか眠りに落ちている。朝は鳥のさえずりで目が覚めるという、贅沢の極み。

朝食も「海ほおずき」へ出向く。2階席は見晴らしがよく、和朝食が優しくお腹に収まる。

y

「海」が五感を通して体の中にすーっと染み込んでくるような、居心地のいいホテルだった。

住所:静岡県伊東市富戸字花生場1214-1
電話:0557-51-0393
サイト:潮騒のリゾート ホテル海 | 伊東富戸温泉

(小椚 萌香)