「満点の星空がアナタの元に!」天体撮影専用カメラがニコンから発売

この「D810A」はニコン史上最高画質の3,635万画素を誇るデジタル一眼レフカメラ「D810」をベースに作られたもので、「D810」の良さを受け継ぎながら、撮影が難しいとされる天体撮影にアジャストしたモデルとなっている。18-02-2015_17-24この撮影イメージは「D810」と「D810A」の天体撮影時の画像を比較したものだが、右の「D810A」は一般的なカメラでは撮影が難しいとされる”Hα線の波長で発光する星雲”をハッキリと赤く写すことができたのががわかるだろう。 天体撮影専用の「D810A」では撮像素子前面にある光学フィルターのHα(エッチアルファ)線透過率を「D810」の約4 倍に引き上げているため可能になったという。 18-02-2015_17-33 1 その他にも「D810A」では、最長900秒まで対応する「長時間露光マニュアルモード」や夜間撮影に最適な「ファインダー内での情報表示」、ライブビュー時のピント合わせや構図調整に便利な「独自のプレビュー機能」など、天体撮影をサポートする便利な機能がふんだんに盛り込まれている。D810A_14_24_front34l-horz「D810A」には、そのポテンシャルを余さず引き出すための純正NIKKORレンズも用意されている。 YouTube Preview Imageこの「D810A」の価格はオープンプライスとなっており、発売時期は2015年5月下旬に予定されている。 天体撮影の趣味をお持ちの方は、是非一度「D810A」の高性能ぶりを体験していただきたい。

Nikon

(Lion-Maniacs)

【関連記事】 ファミリー向け一眼レフ「ニコン D5500」で春の行楽シーズンに備えよう!

デジタル一眼カメラ 注目の5機種をピックアップ!

ステルス戦闘機をモチーフとした9台限定のロールス・ロイス

40歳を過ぎて……日常生活で「衰え」感じる瞬間 5つ

レクサス NX200t “F SPORT”の激アツな走りを「動画」で体感!