1

初日の出、振る舞い酒におせち食べ、川崎大師に詣でる「川崎日航ホテル」

「川崎大師」として親しまれている「金剛山金乗院平間寺(こんごうさん きんじょういん へいけんじ)」。 もろもろの災厄をことごとく消除する厄除大師として霊験あらたかな川崎大師は、近県はもとより全国からの信仰を集めており、初詣の場所としても人気である。 今回はJR川崎駅から徒歩1分、京浜急行川崎駅からも…

cd1

ビール片手に列車でのんびり国境越え。オーストリアからチェコを行く

日本で暮らしていると経験できない、列車での国境越え。それがヨーロッパだと当たり前のように行われている。 なかなか日本の鉄道のように時刻表は細かく組まれておらず、時間がない場合は飛行機での移動を勧めるが、列車での移動はやはりロマンがある。 今回はオーストリアの北東に位置するウィーンから、お隣のチェコの…

sub3

「ラリーニッポン2016」台湾開催。クラシックカーが走る美しい景色の映像を公開

英国のメンズブランド・ダンヒルは、昨年に引き続き、クラシックカーのラリーイベントである「ラリーニッポン2016 」にスポンサーとして参加した。 ダンヒルは第1回からスポンサーとして参加し、このコラボレーションは8年目。 今年は「ラリーニッポン 2016 in 臺灣」と題し、2回目となる台湾を舞台に、…

12

別荘の気兼ねなさとホテルサービスの融合、京都「閑雲庵」

哲学者たちが散策や思索にふけったことから名付けられた「哲学の道」。 京都東山のふもと、若王子神社から琵琶湖疎水沿いを銀閣寺橋まで続く約1.5キロの静かな散策を愉しめる小道だ。 道沿いには450本の桜が植えられた、桜の名所でもある。 春の桜、初夏の新緑、紅葉、雪景色と四季折々に美しく、日本の道百選にも…

kouyou3

12月でも遅くない。鎌倉へ鮮やかな紅葉を観に行こう

紅葉と言えばだいたい11月に楽しむものだが、海からの暖かい風が入ってくるのか鎌倉は若干遅めである。 もちろん年によって変動はあるものの、11月中旬から12月中旬まで楽しめるのだ。 代表的な紅葉の名所を挙げてみよう。 北鎌倉だとやはり円覚寺(えんがくじ)と建長寺であり、多くの観光客で賑わう。その北鎌倉…

d4858-302-204795-0

寝台特急カシオペア復活!日本旅行の走る高級ホテルの旅

日本旅行は、今年3月に定期運行が廃止となった寝台特急カシオペアの団体臨時列車に乗車するツアー「復活!憧れの寝台列車に乗車!カシオペア紀行」の販売を始めた。 カシオペアは、1999年から上野―札幌間を走り続け、今年3月にダイヤ改正で惜しまれつつ廃止に。 今回は団体臨時列車として復活し、走る高級ホテルと…

main

日本のトップスパ10に選ばれた嵐山のホテルで、心と体を整える

年末の喧騒を忘れて、静寂を感じたい。 そんな方におすすめしたいのが、「翠嵐(すいらん) ラグジュアリーコレクションホテル 京都」で過ごすスパトリートメント付きのプラン。風光明媚な嵐山の静寂の中で提供する格別なスパである。 2015年に続き本年も2年連続で、一般のスパ利用者が選ぶ「クリスタルアワード」…

sub3

日本人ランナーに人気急上昇中の「ゴールドコーストマラソン」エントリー開始

健康志向を背景に、マラソンがブームとなっている。 フルマラソンを走る市民ランナーも珍しくなく、いまや海外のマラソンに参加するという強者も多いのだとか。 海外のマラソン大会にもトライしたい人におすすめなのが、2017年に39回目を迎えるオーストラリアの市民マラソン大会「ゴールドコーストマラソン」。 第…

4

熊野詣は貸切できる世界遺産の公衆浴場「つぼ湯」でリラックスしよう

和歌山県田辺市の湯の峰温泉は、四村川の支流と湯の谷川沿いに旅館や民宿が並ぶ昔ながらの温泉情緒を残す小さな温泉街。 熊野詣の湯垢離(ゆごり)場として栄えた日本最古の湯「湯の峰温泉」は開湯1800年の歴史を持つ。いにしえの人々は熊野詣の途中、湯の峰で湯垢離を行い聖地での禊ぎ(みそぎ)と旅の疲れを癒した。…

main

黄金に輝くドーム型の天井!一流職人が手掛けたキャンドルアート

12月はキャンドルが恋しい季節だ。 年末のあわただしい中、キャンドルのやわらかい光が、ほっとさせてくれる。 クリスマスに向けて、キャンドルナイトを楽しみたいという人にもおすすめしたいのが、南紀白浜温泉「ホテル川久」の「The Candle Night Xmas 2016」だ。 黄金に輝くドーム型の天…

5

限りなく透明に近いイカ!漁師料理の店「せいもん払い」で玄界灘の幸を喰らう

福岡で毎年11月18日(地域により15日)から20日に渡って行われる「せいもん払い」。 博多下川端の漬物商、八尋金山堂の八尋利兵衛の発案によって博多ではじまった大売出しのことで、年に一度、博多商人からお客様に日頃の感謝を込めて行う感謝祭だ。 これにあやかった年中にぎわう漁師料理の店「せいもん払い」は…

hikone5

来春の大河「おんな城主・井伊直虎」で話題、国宝・彦根城を行く

間もなく最終回を迎える、大河ドラマ「真田丸」。 来年は再び戦国時代がメインとなる「おんな城主・井伊直虎(いいなおとら)」だ。 その直虎の甥で、彼女が後見人となっていたのが井伊直政であり、彼は徳川家康のお気に入りとして、井伊家の立場を不動の物とした。 直政は1600年の関ヶ原の勲功によって佐和山城(さ…

5

15種の天然温泉でぬる湯を愉しむ佐賀・古湯温泉「ONCRI」

佐賀市にある古湯(ふるゆ)温泉。福岡県との県境にある脊振山地や天山に囲まれた山間にある。 嘉瀬川沿いの温泉街に湯宿が十数軒の鄙びた温泉地で古くから湯治場として親しまれている。 泉質はアルカリ性単純温泉で無色透明、無味無臭。癖がなく柔らかい湯で肌触りはぬるぬると心地よい。 38度前後のぬるめの温泉が特…

8

岩手の名湯・松川温泉「峡雲荘」の混浴雪見風呂で温まる

岩手県八幡平市の松川沿いにある松川温泉。250年ほどの歴史がある山あいの静けさに包まれた温泉地である。 今回紹介する「峡雲荘」は八幡平の自然の中に建つ秘湯の宿。「日本秘湯を守る会」の会員宿である。 館内に入ると囲炉裏があり、木のぬくもりが感じられる暖かな印象。 部屋は大浴場に近い本館、201号室を用…

figl3

サクサク衣に柔らかな肉。巨大な「シュニッツェル」をウィーンの老舗で味わう

トンカツやカツレツが好きな日本人にとって、とても馴染みやすい料理「Schnitzel(シュニッツェル)」は、まさにオーストリアの代表料理。 北イタリアからウィーンに伝わったとされるが、ヨーロッパ各国で似たような料理が存在しており、ドイツでも同じく「シュニッツェル」として、チェコでは「ジーゼック」とし…

1

12月27日に32年間の歴史に幕を閉じる「堂島ホテル」でラストクリスマスを

大阪梅田と中之島の間にあるビジネス街、堂島(どうじま)。今回は「堂島ホテル」を紹介しよう。 大阪駅から四つ橋筋を中之島方面に行くと近代的なガラス張りのビル群が続く中に石造りの重厚な外観の「堂島ホテル」が現れる。 1階はレストランと併設のパティスリー。 2階にある小ぢんまりとしたフロント・ロビーはすっ…