フォルクスワーゲン最小、新型「up!」のつながる機能が嬉しい

国土交通省の調査によると、乗用車の平均乗車人数は1.3人(平成22年度)程度だという。その数値は年を追うごとに微減していて、街を流れるクルマを見たときの実感もそれに近い。 クルマの場合、大は小を兼ねず。それぞれのライフスタイルにマッチする大きさというものがある。 乗車人数が少なく、1回の移動距離もそ…

アウディ最小のSUV、新型「Audi Q2」がいよいよ日本デビュー

アウディ最小のSUVにして期待のニューカマー、新型「Audi Q2」がいよいよ日本デビューを迎えた。 気になるボディサイズは、全長4200×全幅1795×全高1530mm。これなら狭い道やすれ違い、立体駐車場など日常のあらゆるシーンにおいて、より多くの人がリラックスして楽しめるはずだ。 ちなみにライ…

妖艶かつスパルタンな「アルファロメオ 4C」の期間限定モデルがプレミアムすぎる!?

素直で従順なスポーツカーに飽き足らず、ちょっとスパルタンでクセのあるタイプを飼いならしたい……、なんて方にウッテツケなのがアルファロメオの「4C/4Cスパイダー」ではないだろうか。 そんな両モデルに、国内未導入のカーボン製パーツなどを特別装備したプレミアムな期間限定モデルが登場した。 5月1日から6…

新型「レクサス NX」がさらにカッコよく! 日本デビューは今秋

2014年7月の発売以来、初めてのマイナーチェンジを受けた「レクサス NX」が、現在開催中の上海モーターショーでワールドプレミアされている。 日本デビューは秋頃の予定(おそらく10月の東京モーターショーのタイミング)と少し先になるものの、ブラッシュアップされた内外装はこれまで以上に魅力的に映る。 「…

メルセデス最小のSUV「GLA」がお色直しで迫力アップ

もっとも小さなメルセデスSUV「GLA」が、SUVらしさを際立たせるお色直しを受けた。 都市部でも扱いやすいサイズはキープしつつ、より力強く、より遠くへ行きたくなるムードを漂わせている。 まずチェックしたいのはフロント周りで、メルセデスSUVファミリーに共通するパンチドグリルをはじめ、存在感を増した…

日本から量産EVスーパーカーが誕生! 0-100km/h加速は3.7秒、価格は4,000万円

現在のEVスーパーカー市場は「テスラ」の独壇場といった感じだが、2020年とも言われるポルシェのミッションEよりも早く、日本から量産EVスーパーカーが生まれるかもしれない。 4月某日に日本初公開された「GLM G4」は、京都発のEVベンチャー「GLM」が2019年の量産化を目指している4人乗りのグラ…

新型「レクサス LS」に早くもスポーティ版の“F SPORT”

今秋の日本デビューが噂されている新型「レクサス LS」に、早くもスポーティ版の“F SPORT”が登場した。 5世代目となる新型レクサスLSは、1月のデトロイトMSでガソリン版の「LS500」、3月のジュネーブMSでハイブリッド版の「LS500h」、そして今回のニューヨークMSで“F SPORT”と…

スバル史上最大のSUV「アセント」がちょっとした話題に

スバルがニューヨーク・オートショーで世界初公開したデザインコンセプト、「アセント(ASCENT)」がちょっとした話題になっている。ちなみにアセントとは、英語で「上昇・向上」を意味する。 アセントは、北米専用モデルとして開発が進められている“スバル史上最大のSUV”だ。 全長5050×全幅1990×全…

最強の外遊びツール「トヨタ FT-4X」が世界初公開!

現在開催中のニューヨーク・オートショーにおいて、気になる1台がワールドプレミアされた。個性的なスタイリングで人気だった「FJクルーザー」が昨夏に生産終了しただけに、その後継モデルかと期待された「トヨタ FT-4X」がそれだ。 小型SUVのデザインコンセプト「FT-4X」は、ボディサイズ的に見るとFJ…

プジョーのSUV攻勢が本格化! 新型「3008」には待望のディーゼルも

2016年の販売台数が前年比39%と、いまもっとも勢いに乗るブランドと言えるプジョー。2017年は世界的に人気の高いSUVのラインナップを充実させる。 今回は2008、3008、そして5008というプジョーの4桁モデルをご紹介しよう。 プジョーSUVの末っ子「2008」は、昨年9月に最新モデルが日本…

ニュル最速の歴史を創ってきた「メガーヌR.S.」に最後の限定車

知る人ぞ知る欧州コンパクトの秀作といえば、「ルノー メガーヌ」の名前が浮かんでくる。中でも高性能版の「R.S.(ルノー・スポール)」は、好敵手のゴルフGTIと競い合いながら、市販FFのニュル最速記録を2度にわたって更新したツワモノだ。そんなメガーヌR.S.に“最後の限定車”が登場している。 今年9月…

新型「スバル XV」で世界トップレベルの安心&安全をゲット!

4月1日に社名を変更し、「安心と愉しさ」をさらに際立たせようとしている株式会社SUBARUから、時代の風に合った“スポカジ”な新型クロスオーバーSUV「スバル XV」が発表された。 ジュネーブショーでのワールドプレミアも記憶に新しいスバル XVは、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)による…

驚くほどモダンになった新型「ディスカバリー」の導入記念モデルが発売

あまりの変貌ぶりに戸惑う方もいるのではないだろうか。導入記念となる限定モデルの抽選販売が始まった、ランドローバーの新型「ディスカバリー」のことだ。 歴代モデルは角ばった無骨なフォルムが特徴的だったが、5代目となる新型はモダンでスタイリッシュなスタイルへと様変わりしている。 新型ディスカバリーは、19…

アメ車を買わないのは不公平? 伝説をまとう「コルベット グランスポーツ」の限定車

トランプ米大統領が「日本人がアメリカ車を買わないのは不公平」と発言したという報道があったが、買わないのではなく、買いたくなるクルマが少ないというのが事実に近いだろう。 その一方、左ハンドルだろうが燃費が悪かろうが何であろうが、指名買いしたくなるアメ車もある。シボレー・コルベットは間違いなく、そういっ…

「アウディA5/S5」がフルモデルチェンジ! FWDモデルは546万円から

アウディの記事が続いて申し訳ない気もするが、それだけアウディの新車攻勢がスゴイと思って許していただきたい。 R8スパイダー、TT RS、RS3セダンという“アウディスポーツ”に続き、今度は第2世代となる新型「A5/S5」の受注がスタートした。都内で開催された発表会では、A5シリーズが持つエレガンスや…

高性能コンパクトセダン「アウディ RS3セダン」が熱い!

クルマの基本形でありながら、不遇の時を過ごしている「セダン」。しかも、全幅1,800mmに収まるサイズのセダンは、日本での扱いやすさに優れているにもかかわらず、輸入車ではアウディA3やメルセデス・ベンツCLAぐらいしか思い浮かばない。 今回ご紹介するのは、そんなコンパクトセダン界に卓越したパフォーマ…